第3058回例会

第63年度 クラブ週報

  • 例会日 2020年6月19日(金)
  • 例会場 オークラアクトシティホテル浜松

プログラム

  • 司会進行 SAA 名倉 雅彦君
  • 開会点鐘 福澤 雄一会長
  • 会長挨拶 福澤 雄一会長
  • 幹事報告 北村 賢一郎幹事
  • 委員会報告 ロータリー財団・米山委員会 星野 悦雄君
  • 今週のお祝い 親睦活動 藤田 明孝君
  • 次年度幹事報告 上原 一成君
  • ニコニコ報告 SAA 石垣 哲男君
  • 年間事業報告 理事・各委員長
  • 閉会点鐘 福澤 雄一会長

ゲスト

  • なし

ビジター

  • なし

会長挨拶

〇福澤 雄一会長

会長挨拶も今日を入れあと2回となりました。先週「ガバナー補佐訪問」で、鈴木健一ガバナー補佐をお招きして久しぶりの例会を開催しました。

6月の例会出席に関しては、理事会において出席免除の例会とさせていただき例会出席に関しても会員各々のご判断にお任せすることで例会開催させていただいています。2月からの会長挨拶、休会中の臨時週報での挨拶すべてがコロナウイルス関連の話になってしまいました。日々変わる感染状況や、感染防止への対策、働き方、生活の仕方が変化する中半年がたちましたが、世界も日本もまだ収束してはいません。コロナウイルスがワクチンなどで対応できるまで、今後は皆一人一人が感染防止の自覚をもって生活するしかありません。コロナウイルスの感染について「見えない敵と戦う戦争」だと表現していましたが検査の方法も少しずつ進歩し感染拡大が見える用になれば生活の仕方や予防方法も、もっとしっかり出来て、過ごしやすくなってくると思います。

本年度末で、鈴木明彦君、森上好君、鈴木哲也君、鈴木裕司君、鈴木清君、より退会届が出ており臨時理事会に諮り承認させていただきました。コロナウイルスの影響も含め諸所の事情により退会されます。鈴木哲也君は先週のニコニコにおいて気説明されていましたが、鈴木裕司君に関しましては書面にて退会挨拶を頂いておりますので、本日幹事より代読させていただきます。鈴木清君に於きましては本日の委員会報告にてお話し頂きます。

本日は役員、委員長の年間事業報告です。後半については各委員会については事業が中止となりましたが、本日は報告よろしくお長居いたします。

幹事報告

〇北村 賢一郎幹事

  • 本日のプログラムは年間事業報告でございます。
  • 来週の例会は63年度最終例会でございます。プログラムは会長・副会長の退任挨拶となっております。会場は、本日と同じここチェルシーとなっております。
  • 例会変更は掲示板及びクラブwebサイトをご覧ください。
  • 初盆の情報は随時掲示させていただきます。
  • 先週の例会及びメール等でご案内しております、バーチャル国際大会についてですが、サインアップも必要となります。お名前とメールアドレスを入力ください。

委員会報告

〇ロータリー財団・米山委員会 星野 悦雄君

  • 米山功労者 8名

    米山功労者

    第1回 上原 一成君 榛葉 秀聡君 松山 太郎君
    第2回 鈴木 清君 鳥井 德孝君
    第4回 伊藤 政好君 中村 暢宏君
    第5回 鈴木 洋之君

  • ロータリー財団・ポールハリスフェロー表彰 4名

    ロータリー財団・ポールハリスフェロー表彰

    山本 明伸君(1回目) 石井 照人君(2回目) 石原 肇君(3回目) 市川 貞夫君(3回目)

今週のお祝い

  • 会員誕生日 笹瀬 綾子君 林 眞一郎君
  • 入会記念日 山下 智樹君 鈴木 利明君
  • 結婚記念日 なし
  • 夫人誕生日 星野 悦雄君令夫人 鈴木 哲也君令夫人

次年度幹事報告

〇次年度幹事 上原 一成君

次年度組織図を掲示板に貼付いたしました。次週、例会前に臨時次年度理事会を開催いたします。

出席報告

  • コロナウィルス拡大防止により、例会の出欠を自由にさせて頂いた為、出欠の例会記録を割愛させて頂きます。

ニコニコ報告

  • 堀部 莞爾君
    ニコニコが集まらないと心配だからと、太田宏君に頼まれました。
  • 福澤 雄一君
    同じく太田君から頼まれました。
  • 堀部 莞爾君
    松島さんに油絵の額縁をいただきました。ありがとうございました。
  • 兼子 周一君
    一年間出席委員会へのご協力ありがとうございました。
  • 伊藤 政好君
    5月29日で浜松東クラブ入会50回目となりました。ロータリーの友情に感謝。
  • 上原 一成君
    次年度スタートが近づきドキドキしています。
  • 馬場 康夫君
    ニコニコ箱に吸い寄せられました。
  • 渡辺 一弘君
    毎日準備に追われていますが、しっかりスタートがきれるようにがんばります。
  • 太田 宏君
    ニコニコ少なそうなので。
  • 石垣 哲男君
    今年度ニコニコもあと2回となりました。よろしくお願いします。
  • 4番テーブル全員出席

年間事業報告

  • 公共イメージ委員会 松島 勇文君

    公共イメージ委員会 松島 勇文君

    新聞社・放送局への取材依頼、広報、ホームページやFacebookを利用しての広報、2620地区ホームページでの活動状況の広報、国際ロータリー「My Rotary」の登録・活用の推進を目標にした。
    下半期はほぼ活動できていないが、「My Rotary」登録は100%達成できた。
    活発な活動ができない1年でしたが、もっと各委員会との連携を密にすればより良い広報活動ができた筈であると反省しています。

 

  • クラブ管理運営委員会・会場監督 太田 宏君

    クラブ管理運営委員会・会場監督 太田 宏君

    6委員会を統括し、連携を図って円滑な会の運営を行うことを目標にしてきたが、大したことができなく終わってしまいました。しかし、ホームページ刷新、会報のペーパーレス化などについては、山下智樹さん、渡辺一弘さん、高林裕孝さんのご尽力で達成できたことにお礼申し上げます。
    会場監督としては、一例会ごとに1万円以上のニコニコを目標に頑張ってきました。昨年は114万円集まったが、今年は例会の回数も少なく、10万円ほど足らなかったのは残念でした。
    ラグビーワールドカップに関連して海外からのお客様が見えたことは、いろんな意味でいい思い出になったと思う。

 

  • 出席委員会 兼子 周一君

    出席委員会 兼子 周一君

    会員の皆様と委員会メンバーの皆様のおかげで、何とか1年間運営することができた。
    最大のテーマは高い出席率を維持することと、更生出席率100%を目標とすることでしたが、全33回の例会中、100%達成は8回のみだった。
    今年度は出席予定をホームページの出席予定帳へ登録をお願いしたが、20~30%の利用率に留まってしまった。しかし、平均96.5%の更生出席率を維持できたことおは、皆さんのご協力のお陰と感謝している。

 

  • プログラム委員会 佐脇 仁君

    プログラム委員会 佐脇 仁君

    7月から12月は予定通り進めることができた。外部講師卓話5回、新会員卓話3回、委員長卓話が4回で、浜松RCとの合同例会も開催した。後半は2月の浜松南RCとの合同例会までは順調だったが、新型コロナ対策に伴い例会の休止があり。新会員卓話6名分が次年度に、外部講師卓話が4回中止、第5グループIM、創立記念家族会も中止となり残念だった。

 

  • クラブ会報委員会 高林 裕孝君

    クラブ会報委員会 高林 裕孝君

    今年度は、会報のペーパーレス化によりホームページでご覧いただくなど、会報の在り方が大きく変わった。皆様から様々なご意見はあったが、一定の形ができてよかった。
    今後も「みんなに公平か」を念頭に、さらに良くなればと思っている。
    新型コロナの影響で休会が続いたが、臨時会報をweb上で発信できたことは会員同士のつながりを持つという意味で役割を果たせて良かった感じている。

 

  • 雑誌委員会 鈴木 裕司君(代読 北村 賢一郎君)

    雑誌委員会 鈴木 裕司君(代読 北村 賢一郎君)

    「ロータリーの友」「ザ・ロータリアン」等を通し、会員の皆様に関心を持っていただき、ロータリアンとしての活動に役立つように情報提供することが役割。今年度の目標はロータリーの友の記事紹介、例会での「ザ・ロータリアン」の回覧により会員の関心を高める、会員にロータリーの友への投稿を奨励、プログラム委員会との協力でした。今年度はすべての目標は達成できなかったが、委員会活動で理解が深まったと感じた。

 

  • 親睦活動委員会 鈴木 利明君(代読 藤田 明孝君)

    親睦活動委員会 鈴木利明君(代読 藤田明孝君)

    お祝いの品は、入会記念日に会員バッヂ、誕生日に治一郎のバウムクーヘン、ご夫人誕生日に遠鉄百貨店のフラワーアレンジメント、結婚記念日にクラウンパレスのペア食事券でした。
    イベントは南RC松永氏が在籍する津軽三味線「訓音会」を招いての「観月会」と、劇団四季鑑賞や特別拝観などを行った京都への「親睦家族旅行」、ものまねタレント「アンドーひであき」氏を招き、参加人数89名の「忘年家族会」を行ったが、「夫人の集い」「創立記念家族会」はコロナの影響で開催できなかった。

 

  • 会員増強委員会 市川 浩透君(代読 渡邊 修君)

    会員増強委員会 市川浩透君(代読 渡邊修君)

    純増5名の目標を掲げ、アタックリストのクリーニング、増強を行ったが、コロナ以降は殆ど活動できなかった。
    新入会員は4名、退会者が7名で、計3名減となってしまった。
    次年度委員長に協力していきたい。

 

  • 職業分類委員会 長野 哲久君

    職業分類委員会 長野 哲久君

    今年の新入会員は従来の分類に当てはまらず、「住宅建築」「住宅建築工事」「スポーツ事業」にした。私は次年度も継続するので、現状で何か違うと思う点があったら申し出ていただければ検討していきたい。

 

  • ロータリー情報委員会・会員増強維持委員会 鈴木 清君

    ロータリー情報委員会・会員増強維持委員会 鈴木 清君

    卓話では、松野本データを利用しての東クラブの現状報告などを行い、今年度1回目の家庭集会では、入会間もない新入会員にチームリーダーを務めていただき、ロータリーでやってみたいことを検討してもらった。2回目は例会への出席補填としてカウントしたい事業とは?を検討してもらい、発表した。今年度は新会員懇談会はコロナの影響で中止としたが、対象者には意見がある場合は寄稿をお願いしたので、もし寄稿があった場合は会報等でお知らせする。
    この度様々な事情が重なり、自分自身が退会する運びとなった。

 

  • 四大奉仕委員会 松山 太郎君

    四大奉仕委員会 松山 太郎君

    社会奉仕委員会として、楽器博物館友の会の活動手伝い、清明寮・ムンド・デ・アレグリアの支援が大きな仕事。パワー浜松RCと一緒にイベントを行った。その他、コロナの影響で各種イベントが中止になった。複数クラブ共同事業に関して、主導する形で進めないと東クラブとしては楽しめないのではないかと感じた。

 

  • 国際奉仕委員会 榛葉 秀聡君

    国際奉仕委員会 榛葉 秀聡君

    今期もムンド・デ・アレグリア学校への消耗品購入支援金の贈呈を行い、U8フットサル大会へ参加したムンドの支援を行った。職場体験はコロナの影響で中止となった。
    コロナが終息し、職業体験ができるようになったらまた皆さまにご協力をお願いしたい。
    現状のムンドさんの状況は把握できたいないため、早めに赴いて情報収集したい。
    尚、ムンドではロータリーの支援とは別に寄付を募っていますので、ご協力いただけたらと思う。

 

  • 青少年奉仕委員会 森上 好君(代読 清水 剛君)

    青少年奉仕委員会 森上 好君(代読 清水 剛君)

    交換学生事業が主な活動だった。またU-8フットサル大会も実施した。
    コロナの影響で3月末には派遣学生、受入学生共に本国に帰国し、実質終了となった。
    滞在期間中は富士登山や浜松市長表敬訪問などを行った。

 

  • ロータリー財団・米山委員会 星野 悦雄君

    ロータリー財団・米山委員会 星野 悦雄君

    年次寄付150$、ポリオ寄付30$を頂戴しました。特別に永年寄付の扱いで1,000$を福澤会長にお願いしました。
    また、財団から浜松子供プロジェクトとして補助金を364,000円いただき、フットサル大会やムンド、清明寮などへの寄付も行えた。

 

  • 米山委員会 鈴木 啓司君

    米山委員会 鈴木 啓司君

    皆様には、例年通りの寄付をお願いし、年間16,000円と、米山記念館50年の寄付3000円を、全メンバーから集金させていただいた。

 

  • 直前幹事・研修リーダー 鈴木 宏政君
    後任幹事である北村君の幹事ぶりを見守らせてもらったが、大変パワフルで、殆ど何もすることはなかった。
    研修リーダーとしては、R.L.Iの研修に1回参加し、地区大会にも参加したが、クラブ内では特に研修もできなく申し訳なく思っている。
    規定審議会での変更がある中で、自分なりにはロータリーとは何か、価値は何かを考える機会となっている。

 

  • 会計報告 野嶋 利章君
    繰越金が予算では137万円だったが、例会やイベントが中止になり、現段階で845万円あるので、これをそのまま次年度に繰り越すことが理事会で決定した。

記録

クラブ会報委員会 清水 和宏君