第3057回例会

第63年度 クラブ週報

  • 例会日 2020年6月12日(金)
  • 例会場 オークラアクトシティホテル浜松

プログラム

  • 司会進行 SAA 太田 宏君
  • 開会点鐘 福澤 雄一会長
  • 合唱 君が代
  • ゲスト・ビジター紹介 福澤 雄一会長
  • 会長挨拶 福澤 雄一会長
  • 幹事報告 北村 賢一郎幹事
  • 今週のお祝い 親睦活動 藤田 明孝君
  • ニコニコ報告 SAA 林 眞一郎君
  • 卓話「ガバナー補佐挨拶」
    2620地区第5グループガバナー補佐 鈴木 健一君
  • 閉会点鐘 福澤 雄一会長

ゲスト

  • なし

ビジター

  • 2620地区第5グループガバナー補佐 鈴木 健一君
  • 事務局長 加藤 登弘君(浜松RC)

会長挨拶

〇福澤 雄一会長

皆さんこんにちは、久しぶりの例会開催となりましたが第5グループ鈴木ガバナー補佐と加藤事務局長をお招きして、本日はガバナー補佐訪問の例会となります。
2月25日より浜松東RCの例会が休会となり、3月27日に例会開催しましたがその後今日まで連続休会となってしまいました。
コロナウイルス感染防止で休会となった回数は12回となり、その間に当クラブの行事予定としては「夫人の集い」「創立記念家族会」「職業体験事業」等々の計画がすべて中止せざるを得ませんでした。
その間、理事会についてはできる限り3密を避け開催してきました。休会中も臨時週報を毎週出すようにして、少しでも情報を発信するように努めましたがみなさんご覧になっていただけましたでしょうか。

本年度の浜松東RCの主な事業であります交換留学生についても、前回の3月27日の例会時報告した通り、フィンランドより中村友美さんを緊急帰国させ、浜松東RCにてお預かりしていたサトゥさんもフィンランドに帰国させました。大変悩んだ末の決断で双方のご両親からは、もう少し様子を見て留学生活を続けさせたい意向も伺いましたが、安全を考え帰国という道を選びました。
中村友美さんには5月10日に、フィンランドの受け入れロータリークラブからのバナーとお土産のチョコレートを預かっているということで北村幹事とお宅にお邪魔して元気な姿を見てきました。
中村友美さんは帰国後、2週間自宅待機でその後、西遠女子学園がコロナウイルス感染防止で授業が行われていない状況の為、まだほとんど学校には通えていないそうです。留学途中での帰国になり大変残念だったけれど大変素晴らしい経験をさせてもらったと話してくれました。また、落ち着いたら浜松東RCの例会に来てフィンランドでの留学の報告をしてくれるそうです。

4月7日に緊急事態宣言が7都府県に発出され発出され、4月16日には全国に緊急事態宣言が拡大、やっと5月25日に一部区域で継続されていた緊急事態宣言が全国で解除されました。しかし、いまだ東京を中心としてコロナウイルスの感染は終息に至っていない状況であり、又第2波、第3波が発生すると言われる状況です。新型コロナウイルスの影響が経済にも大きく波及し現在も大変ご苦労されている会員もいらっしゃることと思いますが、ぜひこの難局を乗り切っていただきたいと思います

幹事報告

〇北村 賢一郎幹事

  • 本年度の例会も残り3回となってしまいました。コロナ禍で休会がつづきましたが、年度末に向けて例会開催ができましたこと、うれしく思っております。
  • ロータリーバーチャル国際大会の開催連絡がございました。会員の皆様にはメールでご案内させていただきます。
  • 創立記念家族会でお渡しする予定でした、敬老的お祝いの品でございますが、家族会が中止となったため、今年度最終例会でお渡しさせていただきます。
  • 来週の例会はここチェルシーで行います。年間事業報告となりますので、理事・各委員長の皆様お願いします。
  • 初盆のご案内は、来週以降掲示板にて行います。

今週のお祝い

  • 会員誕生日 天畠 昭彦君 阿部 幹雄君 上原 一成君
  • 入会記念日 山下 智樹君 鈴木 利明君
  • 結婚記念日 なし
  • 夫人誕生日 なし

委員会報告

  • なし

出席報告

  • コロナウィルス拡大防止により、例会の出欠を自由にさせて頂いた為、出欠の例会記録を割愛させて頂きます。

ニコニコ報告

  • 福澤 雄一会長
    コロナに負けずに頑張りましょう。
  • 堀部 莞爾君
    久々の例会で嬉しいです。
  • 名倉 雅彦君
    ホテル休業中は大変ご不便ご迷惑をおかけしました。徐々に稼働してまいりますので今後とも宜しくお願いします。
  • 石原 肇君
    久しぶりにお元気な皆様にお会いでき本当にうれしいです。
  • 鈴木 宏政君
    父の葬儀では、会から皆様から大変お世話になりました。有難うございました。
  • 池浦 捷行君
    久しぶりの例会です。ごきげんよう。
  • 太田 宏君
    コロナ禍のなか、3年連続で3回のホールインワン。びっくりです!
  • 佐脇 仁君
    プログラム委員会、ご協力有難うございました。
  • 鈴木 啓司君
    ロータリーの友、クイズ当たりました。
  • 池浦 慎一郎君
    浜松カントリークラブでベストスコアでした。
  • 鈴木 洋之君
    結婚記念お届き頂き、会長幹事に感謝申し上げます。
  • 飯尾 圭介君
    5/19付けで遠鉄自動車学校に勤務が変わりました。引き続き宜しくお願いします。
  • 鈴木 哲也君
    今月を持ちまして退会とさせていただくことになりました。大変お世話になりました。ホテルクラウンパレスは7/1から営業再開します。
  • 中村 伸宏君
    久しぶり!治一郎も有難うございました。
  • 石垣 哲男君
    鈴木ガバナー補佐、コロナ禍のなか訪問有難うございます。
  • 松島 勇史君
    久しぶりでしたが、急な用事で失礼します。
  • 4番、5番テーブル全員出席

卓話

「ガバナー補佐挨拶」
2620地区第5グループガバナー補佐 鈴木健一君

2620地区第5グループガバナー補佐 鈴木健一君

先週の6月5日に、約3か月振りで例会が再開されたと聞いております。福澤会長・北村幹事以下理事役員の皆様方、再開するまでの期間、大変なご苦労・ご心労があったことと存じます。改めて敬意をあらわしたいと思います。第5ゾーンの各クラブにおいても2月末から5月末までの例会を中止したところが数多くありズームを用いた例会を試みたクラブもあると聞いております。

静岡県は緊急事態宣言が5月14日に解除されて2週間余が経過し、なんとなく少しほっとした気分になっておられると思います。しかしながら、この歴史に残る出来事は今後世界中に深い爪痕を残すこととなりました。この相手が見えない戦い「ステルス戦争」は人々の心に恐怖感を与え行動抑制を起こさせることで、消費循環社会が様々な場面で分断されました。その結果数多くの業種業態が未曾有の危機に落ち込みました。この地方では第2波が来てはいませんが、会員の皆様方の企業におかれましてはこれからが大変な時期になるか思われます。どうかロータリー会員相互のネットワークもご活用になり、お互いに情報交換を行いながら助け合い勇気をもって立ち向かおうではありませんか。それでこそロータリーです。

本年度は東クラブ様におかれましては、2620地区からの目標でありましたマイロータリー100%登録を早々達成していただき、また第5ゾーン内での事業として花のりれーPJにも積極的にご協力戴き感謝申し上げます。またクラブ内ではホームページ刷新とペーパレス化を進め時代に素早く対応できる素晴らしい力を持ったクラブと感心しております。また青少年交換学生事業は途中で帰国になり不完全な形で終了してしまいまいましたが素早い対応をありがとうございました。次年度以降どのように推移していくかわかりませんが再開したときにはご支援ください。対外的な継続事業としてムンドデアレアグリアへの数々の支援事業も実施されました。昨年10月には浜松RCとの合同例会も開催していただきましたが、4月に計画されていた4クラブ合同例会は中止になったそうです。コロナの影響で後半の計画が未消化になってしまい本当に残念な年でした。

3か月ぶりにガバナ補佐として挨拶をすることになりました。この間ガバナ補佐主催として最も大切な行事「IMインターミーテイング」を2月25日開催予定の5日前に中止の判断をせざるを得なかったことが大変心残りであり、それまでIM開催に向けて半年以上一生懸命準備をしていただいた須山宏造実行委員長以下大勢の会員の皆様方に協力いただきました。しかしあの時の中止の判断は後になって多くの会員から正しい判断だったとお言葉を頂戴して私の折れた心を癒させていただきロータリーの友情に助けられました。IMの登録費用8000円/人をいただきましたが事前の経費で2000円を差し引いた6000円を各クラブに返還させていただきました。IMテーマ「海洋プラスティック汚染に地球の危機を感じて」副題「わたくしたちが今できる事」の趣旨に即して、当日の講師「枝廣淳子」氏の著書「プラスチック汚染とは何か」と亀の絵とロータリーマークが入ったエコバックを第5グループ617名の会員にお渡ししました。7月1日から全国一斉にレジ袋が有料化になります。エコバック是非ご活用ください。同時に本をご一読ください。

それから、新型コロナ感染予防の支援としてフェイスシールドを全国ガバナ会の発案により会員の医療従事者に配布されることになりました。第2620地区へは安間ガバナ事務局を通して数千枚を購入しました。購入原資は第2620地区で今年度使用されなかった地区資金80万円弱を使い、配布数量はガバナー事務所が各ゾーンの規模に応じて割り振りました。そのあとは山梨・静岡の計8名のガバナ補佐が各ゾーン内で調整して各クラブの医療従事者の会員にお渡しすることで完了しました。受け取った会員から喜びと感謝のメールが届きました。尚、他のクラブでも例会が開催されなかった費用やIM戻り金を原資としてマスク・消毒液・フェイスシールド等を浜松市や医療機関に寄付を行ったと聞いております。

本年度のロータリー年度もあと3週間を残すまでとなりました。まだ

新型コロナの様々な社会的影響が残る中、各クラブにおいては新旧役員引継ぎや事業計画の調整等で大変あわただく、次年度地区事業においても大変ご苦労されていると伺っております。渡辺会長エレクトに於かれましては荒海の中の船出となります。ロータリーの友情の輪を深め地域で支援を必要とする方々に向行けて行動を起こしていただくようお願いいたします。

さらに神谷竹彦パスガバナ補佐年度から始まりました「花のリレープロジェクト」も3年目になります。ロータリーとして全国的にも稀な、ゾーン一丸の事業としてぜひ継続していただき全国に誇れる花いっぱいの天龍浜名湖線になるようご支援願い申し上げます。

記録

クラブ会報委員会 池浦 慎一郎君