第3056回例会

第63年度 クラブ週報

  • 例会日 2020年3月27日(金)
  • 例会場 オークラアクトシティホテル浜松

プログラム

  • 司会進行 SAA 太田 宏君
  • 開会点鐘 福澤 雄一会長
  • 合唱 それでこそロータリー
  • 会長挨拶 福澤 雄一会長
  • ベネファクター認証 福澤 雄一会長
  • 今週のお祝い 親睦活動 藤田 明孝君
  • 次年度幹事報告 上原 一成君
  • 出席報告 鈴木 隆志君
  • ニコニコ報告 SAA 林 眞一郎君
  • 卓話「家庭集会」ロータリー情報委員長 鈴木 清君
  • 閉会点鐘 福澤 雄一会長

ゲスト

  • なし

ビジター

  • なし

会長挨拶

〇浜松東ロータリークラブ 福澤 雄一会長

浜松東RC会員の皆様には御変わりなくお過ごしのことと思います。

しかし本年の日本での最大の大会であります、2020東京オリンピックの開催が危ぶまれた中、1年の延期という結果になり、浜松市においても5月の「浜松まつり」の中止が決定されました。海外では新型コロナウイルスが大変な猛威を振るい外出禁止令が各国で発動され、各国との往来が止まりつつある状態です。そのような中、国内では観光産業、バス事業、飲食業等々、相当な打撃ともいえる影響が出ている中、製造業でもトヨタが5工場の操業を停止するなど経済活動への影響が深刻さを増しています。本当に新型コロナウイルスの早期の終息を願うばかりです。

現在浜松東RCは、浜松南RCとの合同例会の2月21日以降、第5グループIMが中止となり新型コロナウイルス感染拡大防止の為3月6日、3月13日の例会を中止とさせていただき1ヶ月ぶりの例会開催となりました。

3月6日に理事会は開催させていただき、今後の予定について討議させていただきました。

まず、新型コロナウイルス拡大防止に伴う対応として、3月13日の例会は休会させていただき皆様にご連絡いたしました。又4月19日の夫人の集いについては現在の状況下でのご案内、募集に関して非常に無理があるため、開催を中止とさせていただきます。5月の創立記念家族会については、今後の様子を見ながら結論を保留し検討させていただきます。直近の3月29日、花のリレープロジェクトアダプト事業については開催を延期させていただきます。

4月17日の東西南北合同例会についてですが、合同例会は中止とさせていただき通常の例会とさせていただきます。尚、他クラブにおいて各クラブについての例会開催は各クラブ判断にお任せする旨、連絡させていただきました。地区の開催事業についてもほぼ中止また延期の連絡が入っています。さらに2020年ホノルル国際大会につきましても中止の連絡がありました。

前回例会から本日までの報告として、2620地区安間ガバナーより、青少年交換留学生のインバウンド、アウトバウンド共に帰国決定されました。フィンランドからは中村由美さんが3月21日(土)に無事帰国しました。中村由美さんに関してはお父様と私福澤、北村幹事で成田空港へ迎えに行きました。当初中部国際空港へ着くはずだったのですが日々ヨーロッパ、日本の状況が変わり国際線は成田空港発着のみとなり、急きょ成田に迎えに行くようになり又国より帰国後2週間の自宅待機及び公共交通機関の利用禁止となり大変な状況下での帰国となってしまいましたが無事に帰国させることができました。

そしてサトゥさんですが、サトゥさんも成田空港から出国となり森上さん清水さんコーディネーターの伊藤さんで3月23日(月)に無事出国することができ、フィンランドに到着、お母さんの迎えで自宅まで無事着いたとの報告を受けました。
サトゥさんにおいては3月19日に西遠女子学園にて終業式に出席し、学校から留学修了証を授与されお別れ会も開いてくれたそうです。又3月19日にはサトゥさんのホームステイ先である磯部さんのお宅に私福澤と森上委員長で伺い、2620地区より贈られたRIJYM終了証を私から授与させていただき、浜松東RCからも帰国のお土産を手渡しました。

3月転勤により退会する予定でありました長尾英明さんですが、昨日26日に新任地移動されました。その間の例会が中止の為、挨拶ができなかったことを申し訳ありませんでしたと伺っています。

まだまだ新型コロナウイルスによる各所様々な影響が出ると思いますが、経験のないことですのでその都度クラブの予定については、検討させていただき対処したいと思います。尚、本日は昨年4月シカゴで開催されたRI規定審議会において改定された内容について、浜松東RCの定款及び細則も改正する必要があり、本日改正の内容説明させていただき審議後採択をお願いすることとなっています。よろしくお願いします。

最後になりますが、本日例会前に臨時理事会を開催いたしました。理事会に於きまして今後のスケジュール、及び4月以降の例会開催について話し合いました。まずはスケジュールについて佐脇委員長より外部の講師招聘について新型コロナウイルスの拡大防止や市況の状況を踏まえ控えさせていただき、出来るだけ新会員卓話等の内容で開催したい旨の申し出があり理事会で承認させていただきました。休会も続いた中柔軟に例会内容は決定させていただき事前の案内をさせていただく事といたしました。次に4月3日(金)の例会については理事の皆様と検討した結果休会とさせていただきます。

幹事報告

  • なし

ベネファクター認証

ベネファクター認証 福澤 雄一会長

今週のお祝い

  • 会員誕生日 鈴木 啓司君 池浦 慎一郎君 森上 好君 清水 和宏君
  • 入会記念日 上原 一成君 鈴木 竜雄君 阿部 幹雄君 鈴木 裕司君
  • 結婚記念日 野嶋 利章君 鈴木 洋之君
  • 夫人誕生日 兼子 周一君 土居 忍君 小栗 英紀君 鈴木 洋之君 戸塚 治夫君 山本 明伸君
  • お子様誕生 松本 和人君

出席報告

  • 会員数 62名
  • 出席会員数 46名
  • 出席率 83.64%
  • 前々回の更生出席率 92.59%

欠席者

渡邊(修)君 鈴木(竜)君 鈴木(裕)君
清水(剛)君 清水(和)君 長尾君
阿部君 天畠君 谷川君

出席補填

(パワー浜松 2/25) 市川(浩)君 天畠君

ニコニコ報告

  • 久野 幸太郎君
    本年、3月改定のJR時刻表を本日配布させて頂きます。是非ご利用ください。(浜松RC)
  • 神谷 竹彦君
    ロータリーの楽しさは毎日会って皆さんと顔を合わせる事だと痛感しました。
  • 伊藤 俊治君
    皆さんお元気ですか?
  • 池浦 捷行君
    ご無沙汰してます、皆さんお元気ですか?
  • 池浦 慎一郎君
    ゴルフで初めて100切りました。皆さんのおかげです。この調子で頑張ります。
  • 林 眞一郎君
    ゴルフの練習をすればするほどスコアが悪くなる今日この頃です。
  • 藤田 明孝君
    3月のゴルフ例会で初優勝をさせていただきました。
  • 市川 浩透君
    浜松初の小中学生女子野球チーム浜松「リッターズ」の団員募集チラシをレターBOXに入れさせて頂きました。野球に興味ある女の子にチラシをぜひお渡し下さい。
  • 堀部 莞爾君
    私が昨年9月、イタリアへスケッチに行った時の油絵を石井君にご購入いただきました。
  • 9番テーブル 全出席

浜松東ロータリークラブ細則変更に関する臨時総会

(会員数の1/3、出席会員の2/3の賛成で改正)定足数46名

進行 北村賢一郎幹事
議長 福澤雄一会長

クラブ定款が規定審議会の決定通りに改定することになりました。
※詳細は、例会時にお配りした2019年規定審議会クラブ定款に関係する主な採択案資料をご参照。

浜松東ロータリークラブ細則改正案は、出席者の2/3の賛成により、承認されました。

新10条-第1節-d「欠席のメークアップを例会の前後2週間から、同年度内に変更する。」
に関して、メークアップ期間を従来どおりの例会前後2週間とする為、新規に16条附則を追加する。

第16条 附則
欠席を補填するためのメークアップの期間は、定款第10条-第1節-dにより、年度内と規定されているが、本クラブでは定款第10条-第7節-例外を適用し、欠席した例会日の前後14日間とする。

卓話

「福澤年度 第2回家庭集会の報告」 ロータリー情報委員長 鈴木 清君
テーマ:例会出席補填としたい、相応しいのはどんなこと?

ロータリー情報委員長 鈴木 清君

<Aグループ>
日時:2月17日
場所:美酒佳肴 幸
リーダー:清水 剛君
参加メンバー:伊東 政好君 伊藤 俊治君 石井 照人君 松野本 祐司君 森上 好君 長尾 英明君 池浦 慎一郎君 計8人

・ロータリークラブは、100%出席することが本来であるため、補填について議論すること自体がどうかと思う。
・補填を考えるのではなく、どうやったら出席できるかを考えたほうが良い。
・毎週顔を合わせて食事をすることにとても価値がある。
・サークル活動(ゴルフ等)を補填の対象にするのは論外。
・むしろ、当会は補填の基準をもっと厳しくするほうが良いのでは。
・現在在籍している会員は昔の諸先輩の方々のクラブへ対する姿勢に感銘を受けて現在もクラブ活動をしているのでそのころの基準は保つべき。
・後半は、これからも楽しく出席したくなる会にしていくにはどうしたらよいかについて様々なお話を、先輩よりお聞きする時間となりました。

意見まとめ ロータリークラブは、100%出席することが本来であるため、補填を考えるのではなく、どうやったらもっと出席したくなるクラブにしていくかを考えていくべきである。

<Bグループ>
日時:2月19日
場所:居酒屋 松っちゃん
リーダー:鈴木 利明君
参加メンバー:中村 伸宏君 平野 弘君 石垣 哲男君 佐脇 仁君 阿部 幹雄君 戸塚 治夫君 鈴木 清君 計8人

OKなイベント案として、クラブ協議会、次年度理事会、ボランティア活動
NGなイベント案として、ゴルフサークル、全員が参加できないイベント
上記のポイントとしては、ルールを緩くしたら守らなくなる。

出席補填が簡単すぎるのは良くない。サインだけがOKで、ボランティアがNGなのはいかがなものか、プライドをもった所属意識の高い集団、選ばれた集団を目指すべき、仲良しクラブでは良くない。

<Cグループ>
日時:2月28日
場所:オークラ中国料理 桃花林
リーダー:名倉 雅彦君
参加メンバー:池浦 捷行君 鈴木 洋之君 高林 裕孝君 兼子 周一君 笹瀬 綾子君 寺田 美穂子君 太田 宏君 計8人

本来は例会には100%出席することが大原則で、例会への出席第一と考えることが肝要。
そのためにも例会をより魅力ある、豊かで楽しい内容とし、誰もが例会に出たくなるようにすることが大切。但し、どうしても自例会に出席できない場合は他RC例会に参加し、新たなロータリアンとのネットワーク作りを積極的に行なうことが重要。
またRCの考えは、職業奉仕を通して社会に奉仕するということがあくまでも基本。
従って上記の大原則を念頭に置いた上で、どうしても他で出席補填を考えるとすれば、社会奉仕活動、家庭集会、理事会が認めるクラブ協議会に限り認めたらどうかと考える。

<Dグループ>
日時:2月18日
場所:クラウンパレス四季
リーダー:土居 忍君
参加メンバー:堀部 莞爾君 長野 哲久君 神谷 竹彦君 天畠 昭彦君 計5人

・家庭集会で話し合うテーマが良かった。(意見を出しやすかったため)
・ロータリーの目的である「奉仕の理念」の観点からも奉仕活動に積極的に参加して欲しい。
「花のリレープロジェクト」「芝生植え作業」「フットサル」など
理由:参加者のモチベーションアップにつながる(作業で汗をかく、人の役に立つ)
課題:行事が土日に設定されることが多く、参加しにくい。
解決策:奉仕活動への参加を例会出席補填にカウントする。
・例会参加よりも奉仕活動参加の方が価値あり。
・奉仕活動に参加者への「ご褒美」に意味合いを含めて。
・浜松東ロータリークラブ定款の変更も必要では?
・国際ロータリーでは、メークアップを1年間とする動きもあるが、浜松東RCは従来通り、例会の前後14日間で良い。

<Eグループ>
日時:2月20日
場所:おばんざい季游
リーダー:藤田 明孝君
参加メンバー:市川 貞夫君 鈴木 啓司君 福澤 雄一君 松山 太郎君 鈴木 宏政君 鈴木 哲也君 上原 一成君 計8人

(藤田明孝君のコメント)
今回の家庭集会リーダーに指名され、私自身がメーキャップについてのルールを完全に把握したいと思い、新会員オリエンテーション用冊子「今日からロータリアン」を見てみました。メークアップの要点として、ホームクラブの例会に出席できないときには、他クラブの例会やロータリーのその他の会合に出席するメークアップという方法で、通常の例会欠席を補うことができる。また、所属クラブの奉仕プロジェクトおよび、その他の行事や活動に少なくとも12時間参加することによっても出席となる。例会に欠席の場合、その例会の前14日、または後14日以内に、他のどこかのロータリークラブの例会、またはクラブ理事会によって承認をされたクラブ奉仕プロジェクトに参加することで、その欠席を補填することができる。
以上、上記とクラブ定款の「出席」を参照して家庭集会を進めました。

(現状把握と問題点)
・本クラブの例会出席を最優先とすることが基本である。
・本例会の前後14日以内にメークアップするルールは守っていきたい。
・メークアップが増えて、本クラブへの例会欠席者が増えては意味がない。
・メークアップは他クラブの例会に出席することが基本ではないか。
・本例会に出席したくても出られない時がある、厳しすぎると退会者が増える可能性もある。
・クラブでのサークル活動を例会出席としているクラブもある。

(提案として)
・理事会承認された奉仕活動は補填にカウントしてよいのではないか。
・新年度の頭に年間スケジュールでメーキャップの対象事業を選定してもよいのではないか。
・例会出席にとらわれない、魅力的なロータリー活動が求められる等、新しい時代を迎えようとしている。

(まとめ)
・新年度時に理事会承認されたメークアップ対象事業、奉仕活動を年間スケジュールに明確に提示し、補填先を計画しやすいようにする。

<Fグループ>
日時:2月17日
場所:うなぎ徳(遠鉄百貨店8F)
リーダー:飯尾 圭介君
参加メンバー:石原 肇君 馬場 康男君 星野 悦雄君 松本 和人君 市川 浩透君 渡辺 一弘君 計7人

(意見)
・ロータリーの趣旨に沿うもので、かつ、参加者が限定されないものであれば出席扱い可でよい。
例:ウェルカメ、花のリレープロジェクト、フットサルなど
・家庭集会は、全員が参加するプログラムなので出席扱い可でよい。
・Eクラブのほうがメークアップより価値があるので奨励したい。
・そもそもメークアップってどうなの?
・理事会出席が例会出席補填になることを知らなかった。

<Gグループ>
日時:2月26日
場所:オークラ中華料理 桃花林
リーダー:清水 和宏君
参加メンバー:中村 暢宏君 林 眞一郎君 松島 勇史君 鈴木 竜雄君 北村 賢一郎君 鈴木 隆志君 野嶋 利章君 鳥井 德孝君 計9名

予想以上に熱心な議論が展開され、充実した家庭集会となりました。
具体的には以下の表に記しますが、基本的には「娯楽以外を可とする」という意見でまとまりました。(親睦目的も不可)また、これによって例会そのものの出席率が下がってしまっては意味がないという意見も出て、皆さん例会に対する思いを熱く語ってくれました。補填項目について積極的に行うものではなく、例会出席率100%+αに使ってもらいたいという意見も付け加えておきます。

(Gグループ可否リスト表)
観月会             〇
クラブ協議会          〇
各クラブの活動         ×
親睦家族旅行          ×
地区大会            〇
浜松東RCカップ          〇
忘年家族会           〇
家庭集会            〇
インターシティミーティング   〇
楽器博物館友の会学芸員との夕べ 〇
創立記念家族会         〇
次年度理事会          〇
奉仕活動            〇
東RC会員全員が参加可能なもので、東RC公式のもの 〇

以上

記録

クラブ会報委員会 池浦 慎一郎君