第3049回例会

第63年度 クラブ週報

  • 例会日 2020年1月10日(金)
  • 例会場 オークラアクトシティホテル浜松

プログラム

  • 司会進行 SAA 太田 宏君
  • 開会点鐘 福澤 雄一会長
  • 合唱 君が代
  • 4つのテスト唱和 飯尾 圭介君
  • ゲスト・ビジター紹介 福澤 雄一会長
  • 会長挨拶 福澤 雄一会長
  • 幹事報告 北村 賢一郎幹事
  • 交換留学生サトゥさんへ補助金(お小遣い)の贈呈
  • 今週のお祝い 親睦活動 鈴木 利明君
  • 委員会報告
  • 出席報告 兼子 周一君
  • ニコニコ報告 SAA 石垣 哲男君
  • 卓話「新年挨拶」 福澤雄一会長 堀部莞爾副会長(幹事代読) 山下智樹副会長 北村賢一郎幹事
  • 閉会点鐘 福澤 雄一会長

ゲスト

  • サトゥ・ヘイトカンガスさん

ビジター

  • なし

会長挨拶

〇福澤 雄一会長

皆様あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

2020年は待ちに待った東京オリンピックパラリンピックの年であり、施設もほぼ整い国内の代表選手も発表されるようになりました。1964年の東京オリンピックではちょうど私は小学校1年生でやっと普及し始めたテレビで水泳やバレーボール、柔道を見た思い出があります。今一生に2度目となるオリンピック自国開催ですので、ぜひ1競技は直に応援できればと思っています。

今年の正月は、大変穏やかな日が続き箱根駅伝も大変穏やかな天気で、各区で素晴らしい記録が続出しまた青山学院大学が往路、復路を制し完全優勝を果たしました。又記録においても歴代最高記録を更新する素晴らしいものでした。正月の晴れの舞台を走る学生ランナーは全国から有力選手が集まるわけですが出身校の都道府県別でみると1位が千葉で30人、2位が静岡で27人、3位が東京の17人、4位が神奈川の14人となっていました。

トップの千葉は高校駅伝のレベルが高く強豪校がひしめいており市立船橋高校が7人、八千代桐蔭高校が6人など多くの選手を送り込んでいましたが、2位の静岡も前回よりエントリー人数を6人も増やし27人、注目すべきは2017年全国高校駅伝で6位に入っている浜松日体高校が出身校別で最多の10名のエントリーを達成しました。浜松の出身の選手も本当に頑張っているのだと大学別で応援するだけでなく地元出身の選手を応援するような観戦の仕方を感じさせられました。

又7日にトヨタ自動車の豊田章男社長が、静岡県裾野市の東富士工場跡地70.8万平方メートル、に実証都市「コネクティッド・シテイ」を建設することを発表しました。様々なモノ、サービス、車、建物がインターネットでつながり住民の利便性向上につなげる実証都市を対年初頭から着工するということです。

車づくりのトヨタから世界をより良い場所にするための役割と取り組みとして実証都市を建設するとして100年に1度の変化が見える形で動き出したようです。

最後に中東問題ですが、3日にアメリカがトランプ大統領の指示によりイランのソレイマニ司令官を殺害した事件が報じられました。日本では昨年中東のオマーン湾、アラビア海の海域に自衛隊派遣が決定している中アメリカ対イランの情勢は大変な緊張状態にあります。これは日本のならず世界の経済に及ぼす影響や混乱が危惧されます。日本も世界のリーダーの一国として外交努力により平和な落としどころを目指してもらいたいと思います。

幹事報告

〇北村 賢一郎幹事

  • 本日は、例会終了後第7回理事会がございます。理事役員の皆様はご参集ください。
  • 1月の17日は例会終了後に第2回クラブ協議会でございます。
    各委員会の委員長の皆様よろしくお願いします。翌週の1月24日は、クラブ協議会の報告となっております。こちらも併せてお願いします。
    なお、ご都合がつかない方は、幹事代読ではなく、副委員長等の代理出席をお願いいたします。
  • また1月は25日が楽器博物館友の会の、第17回学芸員との夕べがございます。コンサートと交流会がございます。東クラブからは友の会会長の池浦さん、社会奉仕委員長の松山委員長他、南クラブもお手伝いをいただき開催しますので、ご都合がつく方はご参加いただきたいと思います。

交換留学生サトゥさんへ補助金(お小遣い)の贈呈

サトゥ・ヘイトカンガスさん

明けましておめでとうございます。
12月には発表会があり私はとても緊張しました。
日本のクリスマスはフィンランドとはとても違いました。
私はホストファミリーのお父さんから贈り物をもらいました。
冬休みに友達と「アナと雪の女王」を見に行きました、今度は日本語で見ました。
お正月にお雑煮を食べました、おいしかったです。お年玉ももらいました。
1月3日にホストファミリーと浅草・スカイツリーと渋谷に行きました。
スカイツリーの上からの景色は私が今までに見たことが無いもので素晴らしかったです。
東京は人がいっぱいでした、私は日本の冬休みを楽しみました。
今年も日本の勉強を頑張ります。よろしくお願いします。

今週のお祝い

  • 会員誕生日 太田 宏君
  • 入会記念日 なし
  • 結婚記念日 太田 宏君
  • 夫人誕生日 なし

※バームクーヘンの交換お早めにお願いします。

委員会報告

  • ゴルフサークル 12月ゴルフ例会成績報告

出席報告

  • 会員数 61名
  • 出席会員数 51名
  • 出席率 89.47%
  • 前々回の更生出席率 100.00%

欠席者

鈴木(竜)君 鈴木(裕)君 山本君
近藤君 天畠君 池浦(慎)君

出席補填

(理事会 12/6) 鈴木(清)君
(浜松北 12/18) 松山君
(浜松南 12/19) 長尾君
(浜 北 12/23) 鈴木(裕)君
(浜 松 12/24) 松野本君    鈴木(裕)君
(浜松ハーモニー 12/25) 天畠君
(浜松南 1/9) 榛葉君 土居君 天畠君 池浦(慎)君

ニコニコ報告

  • 福澤 雄一君
    明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
  • 堀部 莞爾君、池浦 捷行君、小栗 英紀君、兼子 周一君
    明けましたおめでとうございます。今年も2月10日~2月16日「ぬたる会」展覧会を行います。よろしくお願いいたします。
  • 鈴木 利明君
    忘年家族会では多数のご参加、協賛誠にありがとうございました。残り半年間親睦委員会のご協力よろしくお願いします。
  • 北村 賢一郎君
    本年もよろしくお願いします。残り半年がんばります。
  • 太田 宏君
    忘年家族会の抽選会でなんと会長賞(肉)を頂きました。
  • 太田 宏君
    12月22日、グランディ浜名湖において人生2回目のホールインワン達成。ビックリです。
  • 佐脇 仁君
    ホールインワン目撃の署名をしました!!太田さん、ホールインワンおめでとうございます。その夜みんなで寿司屋でお祝いしました。太田さんごちそうさまでした!!
  • 野嶋 利章君
    皆さんあけましておめでとうございます。年賀状をいただいた人にお礼にかえさせて頂きます。
  • 阿部 幹雄君
    新会員卓話の予定が仕事の契約が入って延期にしてしまった関係でピンチヒッターの松っちゃんの松本社長にご迷惑をかけてしまいました。申し訳ありません。
  • 全員出席 7・8・9テーブル

卓話

「新年挨拶」
〇福澤 雄一会長

福澤 雄一会長

改めまして明けましておめでとうございます。

第63度は、「奉仕と親睦をもとに参加しよう“連携と絆”」を63年度テーマとさせていただき進めさせていただきました。

令和2年新年1月の第1例会ということで、折り返しのスタートまで辿り着いたわけですがこの半年を振り返りますと期首より取り組んでまいりましたクラブホームページの改編も12月に一応の区切りつけ内外に発信できる形ができたと思います。又クラブ内においてはペーパーレスを進めさせていただき皆様よりご助言もいただきメールにて簡単にホームページ及び週報が見られるようになりました。まだまだ改善していただけると聞いていますのでお気づきの点はクラブ会報委員会までお知らせください。ホームページ制作についてはクラブ奉仕委員会を取りまとめていただきます山下副会長、渡辺会長エレクト、高林クラブ会報委員長、兼子出席委員会委員長その他多くの皆様本当にありがとうございました。

浜松東RCの伝統でもある親睦の事業も親睦家族旅行、浜松東RC忘年家族会も多くのご家族にご参加いただき楽しく開催できました。特に太田クラブ管理運営委員長の親睦旅行PRビデオは大変素晴らしい出来栄えで参加する前からわくわくさせていただきました。鈴木利明親睦活動委員会委員長の熱意に感謝しています。

忘年家族会の前段にPRビデオでご紹介した「夫人の集い」、創立記念家族会がございます。きっと素晴らしい企画で奥様、ご家族が楽しめる内容になると思います。多くの参加をお願いします。

奉仕プロジェクト委員会は堀部副会長をご意見番に4大奉仕委員会山本委員長の基各委員会で対外事業が進められています。青少年奉仕委員会森上委員長のもと、青少年交換事業として昨年8月にフィンランドへ西遠女子学園の中村由美さんを送りだし、その後すぐにフィンランドからサトゥ・ヘイトカンガスさんを受け入れさせていただいています。森上委員長にはサトゥさんの送迎や管理、清水剛君にはサトゥさんのカウンセラーを務めていただいています。

浜松東ロータリーカップも開催し、フットサルを通じて子供たちや親御さん指導者の皆さんと有意義な時間を過ごすことができ、FMハローに浜松東ロータリーカップ及び当クラブを広報させていただきました。

10月27日(日)に、本年度地区補助金事業としてパワー浜松RCとの、合同奉仕事業(Formama Festa 2019)が開催され当日はアクトシティ―展示会場において多くの催しが開催され、子育て世代の皆さんが多く来場されました。浜松東RCとパワー浜松RCは「ハロウィン仮装コンテスト」を開催し松山太郎社会奉仕委員長と笹瀬綾子さんが浜松東RCから審査員を行い、各賞を審査し私から浜松東RC会長賞を受賞チームにお渡ししました。いろいろな子育て世代の応援イベントを通して地域の結びつきを感じ、運営スタッフもボランティアで熱心に運営している姿に感動を覚えました。この後ムンドレアレグリア学校、清明寮の支援がございます。ご協力お願いします。会員増強についても後半ラストスパートで市川委員長を中心に頑張ってくれると思います。

昨年12月21日に静岡の「あざれあ」にてRLIパート1が開催され当クラブからはDL(ディスカッションリーダー)の堀部莞爾さん、神谷竹彦さんDL候補者として渡辺一弘さん、鈴木宏政さんが参加されました。ご苦労様でした。 来月からは第64年度の次年度理事会がスタートしますが、あと半年第63年度よろしくお願い致します。

 

〇堀部 莞爾副会長(幹事代読)

本年度前半を振り返りますと、福澤会長のテーマであります、「つなげよう奉仕と親睦の輪」の下で、様々の行事もスムーズに活動してきました。
残り半年間も、楽しみながら進めていただきたいと思います。
後半は、RLIについて皆様とお話をする時間を作っていきたいと思っております。よろしくお願いします。

 

〇山下 智樹副会長

山下 智樹副会長

明けましておめでとうございます。
福澤年度も無事に折り返し地点を超えることができました。ここまで今年度を支えていただき、ありがとうございます。

さて、私が担当しているクラブ奉仕も、おおむね計画通りに推移しております。ホームページのリニューアル、会報の電子化など今までにない取り組みもありましたが、無事に移行することができました。

特に会報の電子化により、会報の作成時間は大幅に縮小し、会報委員会の負担軽減に大きく寄与することができましたし、ガバナー補佐訪問の際、本取り組みに対し、「すごい!」というお言葉も頂戴しました。会報の電子化というよりも、既存のやり方を変えることに対し、なかなか会員の理解が得られないクラブが多いのではないかと推察した次第です。柔軟性があり、許容性がある当クラブならではの結果だと思います。ありがとうございます。

その他、出席委員会を例に挙げると、ホームページを通じて事前に出席の有無を確認する方法など、会員の皆さまに極力負担を掛けずに、かつそこに従事している委員の皆さまが効率よくできる仕組みづくりなど、さまざまな取り組みを各委員会がやっていただいております。

また、親睦活動委員会においては京都への親睦旅行、忘年家族会など会員の皆さまが喜んでもらえるような施策を次々に行っていただきました。今年は春の夫人の集い(会員の清水さんに協力をいただき、生の演奏会を催します)、創立記念式典など楽しみな企画がまだまだ控えていますので、ぜひご参加いただければと思っています。

会員増強は今のところ純増1名ですが、会員候補のリストアップなど水面下では様々な活動をしていただいております。

帰港まであと半年、福澤年度が少しで素晴らしい時間になるよう、引き続き皆さまのご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

〇北村 賢一郎幹事

北村 賢一郎幹事

本年度も早くも半期が過ぎました。交換学生の送り出し、受入れから親睦家族旅行・忘年家族会、アンダー8フットサル大会の実施や清明寮・ムンドデアレグリア学校への寄付事業、また職場訪問等の奉仕・親睦活動事業を実施してきました。
これまでの先輩・歴代幹事の皆様と比べますと、委員長経験のない私にとっては、初めてのことばかりで、皆様にはご迷惑を沢山お掛けいたしました。時には温かく見守りいただき、時には厳しくご指導いただきました。新年早々ではございますが、この場をお借りしてお詫び申し上げます。いろいろと申し訳ございません。また 自分の会社にいただけでは経験できないことへの感謝もございます。ありがとうございます。

幹事である私を除きますと、今年度は、重厚で経験豊かな福澤会長・堀部副会長・山下副会長をはじめとしままして理事・執行部の皆様が非常に良く活動していただいております。各委員会の委員長・委員の皆様も同じく活動いただいております。これは、幹事に任せてはおけないと、危機意識のあらわれだと思っています。本当におんぶにだっこで申し訳ございません。

続きまして、事務局の鈴木真琴さんにもこの場を借りてお礼をさせてください。本当に一生懸命頑張ってやっていただいております。ありがとうございます。時には、夕食を作っている合間を縫って対応いただいたり。時には、ご子息の部活の応援の合間を縫ってローターリー業務をしていただいております。今仁さんとの助走期間を含め実質2年目となりますが、私は色々とご指導を受けております。よく言われるのは「昨年の幹事さんはこうしてましたけど・・」とか「今年はやらなくていいんですか・・・とか」でございます。要するに「早くやりなさいよ」的なことを言われております。本当に助かります。忘れていたこと、勉強不足で知らなかったことなどサポートしていただいております。母親の深い愛情と同い年という勝手な友情を期待しながら残り半年もよろしくお願いします。

最後になりますが、後半も夫人の集いや創立記念行事、花のリレープロジェクトアダプト事業、浜松クラブが主幹事ではありますがIM等の活動が控えております。是非皆さんのお力を結集して、最終例会まで走り切りたいと思います。

いろいろな課題はございますが、精いっぱい頑張りますのでよろしくお願いいたします。

記録

クラブ会報委員会 高林 裕孝君