第3044回例会

第63年度 クラブ週報

  • 例会日 2019年11月22日(金)
  • 例会場 オークラアクトシティホテル浜松

プログラム

  • 司会進行 SAA 林眞一郎君
  • 開会点鐘 福澤雄一会長
  • ゲスト・ビジター紹介 福澤雄一会長
  • 合唱 我等の生業
  • 会長挨拶 福澤雄一会長
  • 幹事報告 北村賢一郎幹事
  • 今週のお祝い 親睦活動 鈴木哲也君
  • 委員会報告
  • ポールハリスフェロー表彰
  • 交換留学生サトゥさんのスピーチ
  • 出席報告 鈴木隆志君
  • ニコニコ報告 SAA 石垣哲男君
  • 卓話 「ロータリー財団、米山について」
    ロータリー財団・米山委員会 委員長 星野悦雄君 米山委員長 鈴木啓司君
  • 閉会点鐘 福澤雄一会長

ゲスト

  • 交換留学生 サトゥ・ヘイトカンガスさん
  • 寺田美穂子様 (アグレミーナ浜松 フットサル運営広報地域普及リーダー)

ビジター

  • なし

会長挨拶

〇福澤 雄一会長

先週は職場訪問で、野嶋利章さんの経営されている、株式会社フードサービス・トーワさんを訪問させていただきました。野嶋さんには安全なお弁当作りの為の工場をご説明頂き食の安全と一言で言ってもそれには大変な努力、社員の教育、会社の設備の必要なことが良く分かり食の安全を守ることに真摯に取り組み日々改善していることも説明頂きました。まさに職業を通して社会に奉仕する姿を見せていただきました。ありがとうございました。

17日の日曜日には飯田町のダニーのフットサルコートに於きまして浜松東ロータリーカップアンダー8フットサル大会を開催しました。当日は朝早くからお菓子詰めなど準備のお手伝いをしていただきありがとうございました。併せて会員の松島さんには子供たちへ120人分ものお菓子を格安で提供していただき、会場まで届けていただきありがとうございました。当日は晴天の下10チームの熱戦が開催されました。子供たちも応援のご両親、指導者の方々も大変楽しい1日になったと思います。浜松東RCで支援しているムンドデアレグリア学校チームが3度目の参加で悲願の初得点を記録し、もう一試合では引き分けるという頑張りを見せました。子供たちも大変楽しく夢中になっており、保護者の皆さんも感謝の声が多く上がっていたとのお礼のメールを頂きました。

最後に2620地区より沖縄県の火災で焼失した首里城再建の支援要請が来ております。ガバナー会の要請により地区ごとに募金活動を行い支援の手を差し伸べることになりました。
支援は第2580地区(東京・沖縄)を通じて、那覇市長 城間幹子様より首里城再建に取り組む沖縄県等に送金する予定ということです。理事会にて検討させていただきます。

幹事報告

〇北村 賢一郎幹事

  • 先週は、会員の野嶋利章君が運営されている給食配布の株式会社フードサービストーワへ職場見学に行ってまいりました。
    社員の皆様にもご協力いただきました。野嶋さんありがとうございました。
    また、会場までご足労いただきました会員の皆様も、お忙しい中ありがとうございました。総勢  名の参加となりました。
    4大奉仕委員会兼職業奉仕委員会の山本委員長、飯尾副委員長ありがとうございました。
  • また 2日後の17日 日曜日は、浜松こども塾プロジェクトのU-8 フットサル大会 浜松東ロータリークラブカップが開催されました。
    ご尽力いただきましたロータリー財団・米山委員会星野委員長、4大奉仕委員会の山本委員長、青少年奉仕委員会の皆様、助成先で大会に参加いただいているムンドデアレグリア学校の関係では、国際奉仕委員会の榛葉委員長、大会運営では佐脇さん、こども達へのお菓子の提供では松島さんと、多くの方に協力いただきまして無事成功いたしました。
    ゴルフサークルのゴルフ例会と重なるなど、日程的なハンデもありながら会員の皆様にご参加いただきました。本当にありがとうございました。

今週のお祝い

  • 会員誕生日 なし
  • 入会記念日 なし
  • 結婚記念日 福澤雄一君、鈴木隆志君
  • 夫人誕生日 福澤雄一君

委員会報告

  • 親睦活動委員会 鈴木哲也君
    12/20(金)18:30~ 忘年家族会を行います。
  • ゴルフサークル 太田宏君
    11月の優勝者 鈴木宏政君 次回12/15開催予定 夕刻 忘年会
  • フォトサークル 森上好君
    忘年家族会にてフォトコンテスト開催予定 12/6締め切り
  • 会報委員会 髙林裕孝君
    会報毎週木曜日あたりにUP、リンクをメールにて配信、卓上にQR。

ポールハリスフェロー表彰

ポールハリスフェロー表彰

市川浩透君、中村伸宏君、兼子周一君
鈴木哲也君、野嶋利章君、森上好君
伊東政好君、鈴木竜雄君、鈴木裕司君

交換留学生サトゥさんのスピーチ

交換留学生 サトゥ・ヘイトカンガスさん

みなさん、こんにちは。今日は、学校の秋休みに何をしたか報告したいと思います。
秋休みの間に、私は、舞阪の祭りに行きました。大きな太鼓を見て、面白かったです。皆、楽しそうに見えました。次の日は、浜名湖に行きました。ガーデンパークでお弁当を食べて、モネの庭を見ました。綺麗でした。学校の3日間の試験期間中、ホストファミリーのお母さんのお友達の家に行きました。豊橋の港で大きな船を見ました。その船は、たくさんの車を外国に運んでいます。その船は、フィンランドにも行きます。フィンランド人のミラーさんに都田のドロフィーズで会いました。彼女は1か月仕事をするために浜松に来ました。一日彼女と街へ買い物に行きました。楽しかったです。松蔭亭と浜松城にも行きました。松蔭亭で抹茶を飲んで、和菓子を食べました。その後、庭を歩きました。浜松城の展望台では、学校やアクトタワーや浜松の景色を見ました。浜松城公園は、私にフィンランドを思い出させました。たぶん、たくさんの木があったからです。地区大会の1日目には、書道体験に行きました。私は、“未来”と書きました。これです!その後、楽器博物館に行きました。博物館の中を見て回りました。その後、豆腐料理のレストランで夕食を食べました。2日目は、ステージに上ったので、少し緊張しました。交換学生たちと、とてもいい時間を過ごしました。たくさん話しました。交換学生たちと会えて嬉しかったです。二川本陣へホストファミリーのお姉さんとお母さんと行きました。江戸時代の乗り物や洋服がありました。昔の大名が泊まったところも見ました。洋服の上から着物を着て抹茶を飲みました。次の日は、掛川花鳥園でいろいろな鳥を見ました。私がエサを持っていると、カラフルな鳥が来ました。その鳥はゆっくり食べていたので、私に似ていると思いました。先週の日曜日に友達と映画を見ました。とても面白かったです。日本に来て3か月になりました。その間に撮った写真を見ました。ここで作った思い出を振り返ると、感謝の気持ちでいっぱいです。私は、今週の日曜日に、次のホストファミリーのところに引っ越します。ありがとうございました。

出席報告

  • 会員数 61名
  • 出席会員数 48名
  • 出席率 84.21%
  • 前々回の更生出席率 100.00%

欠席者

神谷君 鈴木(明)君 鈴木(竜)君
山下君 鈴木(裕)君 清水(剛)君
土居君 藤田君 長尾君

出席補填

なし

ニコニコ報告

  • 堀部莞爾君
    ロータリーRLIの最終講習を東京立川にて受講してきました。神谷君と共に。
  • 渡辺修君
    インフルエンザが流行しています。予防の為にマスクをしていたら林君に。
  • 林眞一郎君
    今年初めてSAAとして司会をやらせていただきます。
  • 星野悦雄君
    本日の卓話担当させていただきます。
  • 鈴木隆志君
    感謝と奉仕の気持ちで。
  • 池浦慎一郎君
    宏政君優勝100切りおめでとうございます。
  • 鈴木宏政君
    久しぶりにゴルフ例会で優勝させていただきました。同伴の方に恵まれました。また大量ハンデに助けられました。
  • 渡辺一弘君
    来年3月に卓話のスピーカーをお願いしているアグレミーナ浜松の寺田さんをお招きしました。
  • 北村賢一郎君
    渡辺一弘君に同じく。
  • 石垣哲男君
    寒くなりました。インフルエンザ接種をそろそろ致しましょう。
  • 野嶋利章君
    先週は職場訪問ご苦労様でした。こんな私でも仕事がんばっています。
  • 馬場康男君
    SDGsに眼鏡業界で取り組み、国連公認の眼鏡型バッジを宣伝の為に着用してきました。
  • 3番、4番、テーブル全員出席。

卓話

「ロータリー財団、米山について」
ロータリー財団・米山委員会 委員長 星野悦雄君 米山委員長 鈴木啓司君

ロータリー財団・米山委員会 委員長 星野悦雄君

ロータリー財団・米山委員長の星野です。ロータリー財団の流れですが、1905年にロータリークラブができまして、1917年にアーチCクランフさんがロータリー財団をつくったということです。そもそも、ロータリークラブで資金を出して、世界的に良いことをしようと、それには基金が必要だということでお金を集めているというのが流れです。2013年には、補助金のプログラムが変わりまして、未来の夢計画という形で再スタートをきっている財団です。財団の基金には何種類かありまして、まず、年次基金として、毎年150ドルを皆様にお願いしております。3年間は財団で運用して、半分が国際的な活動に、もう半分が地区の活動に充てられています。それとは別に、恒久基金というものもありまして、1,000ドル以上寄付された方をベネファクターとして表彰しております。2620地区では、累計628名となり、例年、当クラブでは会長にだしていただくことが多く、今年も福澤会長にお願いしております。資金使途が決まっているものがありまして、ポリオ撲滅等にお一人様当たり30ドルとなっています。こうしたご寄付への感謝として、先ほどのポールハリスフェローというものがあります。ポールハリスさんは、ロータリークラブを作った方ですが、彼の仲間に入るということで、1,000ドルごとに表彰されます。本日表彰された方の中には、初めての方もいらっしゃいますが、続けて表彰されている方は、マルチプルポールハリスフェローとなります。そして、25万ドル以上はアーチクランフソサイエティのメンバーになれます。この2620地区でも野口パストガバナーが入られています。地区の補助金ですが、当クラブですと、先日行われたアンダーエイトのフットサル大会開催や養護施設「清明寮」と外国人学校ムンド・デ・アレグリアへの支援があります。これらの金額の半額支援ですから、今年度70万円に対して補助金34万円がロータリー財団から支給されます。その他、グローバル補助金というものがありまして、この地区では、2015年に浜松南RCとコロンボ西RCの共同プロジェクトで、スリランカの井戸給水施設61,200ドルというのもありました。どのような分野があるかといいますと、平和と紛争予防・解決/疾病予防と治療/水と衛生/母子の健康/基本的教育と識字率向上/経済と地域社会の発展等があります。2つ目はロータリーカードです。個人と法人がありますが、利用額の0.3%がオリコから寄付されるというものです。現在はポリオ撲滅に使われています。その次として、ロータリー平和フェローシップということで国際平和の為に、大学の教育機関(国際基督教大学)の奨学金ということも考えられています。

米山委員長 鈴木啓司君

続きまして、米山委員長の鈴木啓司です。米山奨学会の寄付のお願いです。お一人様普通寄付金4、000円と特別寄付金12,000円の合計16,000円でございます。また、2018年は米山記念館設立50周年ということで、2620地区全員協力ということで、お一人様3,000円の寄付ということで宜しくお願いします。それでは、これからDVD『世界へ届け、米山の架け橋』を上映いたします。ご覧ください。

記録

クラブ会報委員会 池浦慎一郎君