第3042回例会

第63年度 クラブ週報

  • 例会日 2019年11月8日(金)
  • 例会場 オークラアクトシティホテル浜松

プログラム

  • 司会進行 SAA 名倉雅彦君
  • 開会点鐘 福澤雄一会長
  • ゲスト・ビジター紹介 福澤雄一会長
  • 合唱 君が代
  • 4つのテスト
  • 会長挨拶 福澤雄一会長
  • 幹事報告 北村賢一郎幹事
  • 入会式 戸塚治夫君
  • 今週のお祝い 親睦活動 鈴木利明君
  • 委員会報告
  • 出席報告 松本和人君
  • ニコニコ報告 SAA 中村暢宏君
  • 卓話 「フットサル大会について」
    有限会社ダニー 湊谷 淳様
  • 有限会社ダニー様への寄付金贈呈
  • 閉会点鐘 福澤雄一会長

ゲスト

  • 有限会社ダニー 湊谷 淳様

ビジター

  • なし

会長挨拶

〇福澤 雄一会長

先ずは11月3日、4日の地区大会では例年と異なる進行で安間年度がロータリーを変革しようという意気込みが感じられる新しい地区大会であったと感じました。

初日の11/3日には2018-2019年度においてロータリー賞・ロータリー会長特別賞及び年次基金個人平均寄付額上位3RCに選ばれ星野直残ガバナーより表彰されました。会長特別賞においては鈴木明彦直前会長の年度に於いての功績であり敬意を表したいと思います。11月4日の本会議ではガバナー表象として伊東政好さんが代表として壇上で在籍50年の正会員表彰を受けられました。本当におめでとうございます。目指すは90歳の正会員表彰ですね。

そして本年度地区で最も力を入れて進めていました マイロータリー登録率100%RCの表彰も受け記念品を頂きました。例会と位置づけさせていただいた地区大会でしたがご出席いただきました皆様ありがとうございました。

10月25日に歴代会長会を開催させていただきました。歴代会長会では今一度、本年度基本方針及び事業計画を説明させていただき、現在までの進捗状況と今後の予定の説明をさせていただきました。続いて皆様にご案内した12月6日の年次総会に向けての次年度会長エレクト推薦者のご報告もさせていただきました。その後いろいろなご意見を頂きながら和やかな会となりました。ご出席の歴代会長の皆様ありがとうございました。

10月27日(日)に、パワー浜松RCとの、合同奉仕事業(Formama Festa 2019)が開催され当日はアクトシティ―展示会場において多くの催しが開催され子育て世代の皆さんが多く来場されました。浜松東RCとパワー浜松RCは「ハロウィン仮装コンテスト」を開催し松山太郎社会奉仕委員長と笹瀬綾子さんが浜松東RCから審査員を行い、各賞を審査し私から浜松東RC会長賞を受賞チームにお渡ししました。いろいろな子育て世代の応援イベントを通して地域の結びつきを感じ、運営スタッフもボランティアで熱心に運営している姿に感動を覚えました。

最後のご報告として、10月30日にオオクラホテル内山里において戸塚治夫さんの新会員面接を行いました。ご夫婦でおいでいただき浜松東RCへ入会する資質に十分であることを確認いたしました。

幹事報告

〇北村 賢一郎幹事

  • 本日は、例会終了後第5回理事会がございます。理事の皆様はご参集ください。場所は3階桜でございます。また、本日18時30分よりクラウンパレス6階メンバー会議室にて第2回戦力計画委員会が開催されます。委員の皆様はご参集ください。会議終了後は懇親会となっております。こちらもよろしくお願いします。
  • 11月の第一例会は地区大会でした。多くの方にご参加いただきましてありがとうございました。ホストクラブの浜松ハーモニークラブの会長幹事が11月29日の例会に地区大会参加のお礼とご挨拶に来ていただける予定です。
  • 来週は職場訪問です、移動が伴いますので皆様事前の準備をお願いします。
  • 12月に入りますと、第一例会は年次総会となります。次年度がいよいよスタートしていきます。みなさま全員出席でお願いします。

入会式

一級建築士シープ 代表 戸塚治夫君

紹介者 渡辺一弘君
戸塚治夫君の紹介をいたします。

  • 一級建築士シープ 代表 1971年(昭和46年)生まれ掛川市出身
  • 経歴 常葉学園短期大学 美術デザイン科卒業後、中村建設株式会社、常盤工業株式会社を経て2009年に独立開業、現在従業員1名、アルバイト1名
  • 新築住宅の設計管理、デザインを中心に、飲食店舗、福祉施設等の設計監理を行っています。
  • 設計実績 個人住宅のほか、ダンススタジオ、パン屋さん、ケーキ屋さん、保育園、障害者福祉施設等。
  • 自宅 三組町
  • 趣味 少しバンドでギターを弾いています。

挨拶
一級建築士シープ 戸塚治夫と申します。伝統ある、浜松東ロータリークラブに入会させていただきます。個人の設計事務所ですので、どちらかといえば職人で、経営者と言えるような体制が整っているわけでは無いのですが、今年、正社員を雇い入れたことから、もう少し異業種の経営者の方と関わりを増やして意識を高められたらと思っています。
これからよろしくお願いします。

今週のお祝い

  • 会員誕生日 なし
  • 入会記念日 なし
  • 結婚記念日 なし
  • 夫人誕生日 清水和弘君

委員会報告

  • 職業奉仕委員会 山本明伸委員長
    いよいよ来週金曜日に株式会社フードサービス トーワ様へ訪問することになります。
    13時から移動を始めて13時半ぐらいから見学、14時ぐらいまでの予定となっておりますが色々とご説明いただく中でご質問がございますと少し長引くかも知れませんがご承知おきお願いいたします。
    今各テーブルに出欠表をお渡ししております。まだご返事いただいていない方がいらっしゃり、トーワ様では15台ぐらいしか車の受け入れが出来ず、台数をはっきりとさせたいのでご記入をお願いします。最終的な台数によっては乗合を調整させていただく場合もございますのでご理解いただきたいと思います。本日の終わりに出欠表を回収致しますのでそれまでにご記入いただけると助かります。よろしくお願いします。

出席報告

  • 会員数 61名
  • 出席会員数 41名
  • 出席率 73.21%
  • 前々回の更生出席率 94.55%

欠席者

神谷君 野嶋君 山下君 太田君
松山君 榛葉君 鈴木(竜)君
森上君 市川(浩)君 鈴木(裕)君
土居君 藤田君 笹瀬君 池浦(慎)君

出席補填

(パワー浜松 10/27) 近藤君 笹瀬君
(袋 井 10/29) 神谷君
(浜北伎倍 11/5) 榛葉君 鈴木(裕)君 藤田君
(浜松北 11/6) 太田君 渡邊君 市川(浩)君 笹瀬君 天畠君
(理事会 11/8) 星野君 鈴木(宏)君

ニコニコ報告

  • 福澤雄一会長
    戸塚治夫さん入会おめでとうございます。鈴木裕司さん旭日小綬章受章おめでとうございます。
  • 伊東政好君
    2026地区大会でロータリー在席50年ガバナーより表彰記念品いただく。
  • 鈴木洋之君
    鈴木裕司さん叙勲おめでとうございます。
  • 池浦捷行君
    シンガポールに出張してきました。経済の戦略、発展ぶりに目を見張るモノがあります。
  • 鈴木宏政君
    鈴木裕司さん叙勲本当におめでとうございます。
  • 鈴木 清君
    無事、クリニックが開院いたしました。石垣先生、市川さんお世話になりました。ありがとうございます。
  • 鈴木 清君
    山本さんご来院、受診をいただき有難うございました。ロータリー第1号さんです。
  • 石垣哲男君
    裕司さん叙勲おめでとうございます。
  • 石垣哲男君
    鈴木清さん「すずしろクリニック」開業おめでとうございます。
  • 石垣哲男君
    私どもの老人施設作品展が第1TV、静岡新聞、中日新聞で紹介されました。
  • 渡辺一弘君
    新会員の戸塚治夫さんをご紹介させていただきます。
  • 戸塚治夫君
    入会させていただきます。

卓話

「フットサル大会について」

青少年奉仕委員会 清水剛君よりゲスト紹介
本日は森上委員長が欠席のために私が今日の卓話講師の紹介をさせていただきます。

まずは日頃は青少年奉仕委員会の事業へのご協力ありがとうございます。そして今年度は青少年交換プロジェクトでサトゥ-の受け入れを行っています。サトゥ-の方も先日の地区大会の参加も含め日本での生活に慣れてきましてとても充実した日本での生活を楽しんでおります。これもクラブ会員の皆様のご協力があってのことです。ありがとうございます。

それでは本日の講師のご紹介をさせていただきます。本日の卓話は毎年青少年事業の1つとして開催しておりますアンダーエイトフットサル大会の運営をお手伝いいただいておりますフットサルコートダニーの湊谷淳様です。

湊谷さんのプロフィールを簡単にご紹介させていただきます。1972年12月2日生まれの46歳、浜松市立大瀬小学校、浜松市立中郡中学校そして静岡県立浜名高校を卒業後ヤマハ発動機サッカー部現在のジュビロ磐田でサッカーをしておられましてその後ジュビロ磐田サッカースクール、ジュビロ磐田フロントを務められた後に現在はフットサルコートダニーの運営をされておられます。

「子供たち1人1人の個性を引き出す笑顔で楽しくでも時には厳しく常に楽しさを伝える達人でありたい」を最大のテーマとして取り組んでいらっしゃいます。

今月17日の日曜日にはフットサル大会がありますので会員の皆様ご参加をお願いいたします。それでは湊谷様よろしくお願いいたします。

有限会社ダニー 湊谷 淳様

こんにちは、今紹介に預かりました私有限会社ダニーの湊谷と申します。今日はよろしくお願いいたします。ロータリーカップも開催5回目という事で私がこの場に立たせていただくのは今回で3回目でございます。

以前にもお話しました通りこのフットサルというものは私が16年前独立をしてやり始めた頃はすごく右肩上がりな市場で施設も1つ増え2つ増えという感じで運営をさせてもらいましたが非常に現在は厳しい状況となり、どういう風に生き残っていったら良いか3年前に色んな方に相談し、もう一度再生させたいと思いながら運営しております。

まず我々ダニーは今までサッカーとフットサルに特化した仕事しかしてこなかったのですが今後はより視野を拡げてサッカー・フットサルだけでなく、もっとスポーツを通してスポーツの魅力を伝える方向性で我々がアンテナになれるかどうか事業を見直して参りました。

今スポーツ関連事業、フットサルの運営は当然ですが、現在飯田コートで色んな先生をお招きしてヨガ教室とかキックボクシング教室等定期的に開催して今までダニーに足を運ばなかった方々に足を運んでいただけるようなきっかけを作ってます。

またイベント企画開発では今までフットサル大会の運営には自信を持ってやってましたがやはり間口がフットサル・サッカーだけだと足を運んでくれる方が限られてしまうため、今年で3回目となる企業対抗運動会を企画し、行政の方等色んな方々にご協力いただき今年は可美運動公園サッカー場で16チームを集めて今度の日曜日に企業対抗運動会を開催します。それ以外にも企業単体で我々のそういう運営に魅力を感じて下さった企業様に対して運動会の企画・運営をさせていただいております。

それともう1つマーケティング販売戦略という所では今までフットサル用品等の販売しかやってなかったのですが、もっともっと今までダニーと関わらない方々にも良い商品の提案が出来ないだろうか考え、まず最初に始めたのが企業運動会で皆さまに食べてもらうお弁当を地元の野菜ソムリエの先生とコラボしてスポーツ弁当を商品にしました。今年も運動会ではスポーツ弁当を提案させていただいたり、今年から新しい事業としてスポーツをする人工芝を皆さまへご提案させていただいております。この芝一見は普通の芝なのですが、従来の人工芝はプレーすると靴下の間とか靴の中に細かいゴムの粒子が入ってきて非常に煩わしく、ボールも真っ黒になるというデメリットがありましたがそういった事が一切なくクリーンにプレー出来るというというメリットがあります。この人工芝を我々はまだ日本とのパイプがない中国のメーカーと知り合う事が出来て直接導入出来るようやっております。興味のある方は是非ロータリーカップ時にダニーにいらして芝を見ていただければ何となく雰囲気がわかっていただけると思います。

つい最近ですと聖隷クリストファー小学校の校庭と女子サッカー部に練習場グランドに我々の人工芝をこの9月に施工が完了して使っていただいております。お近くにお住まいの方、通った時には見ていただければと思います。一応ダニーの紹介をさせていただきました。

今回もロータリーカップの運営をさせていただきますが、チーム名が確定しました。船越・笠井・アプローズ・有玉・龍禅寺・中郡・大瀬・浜松東・アレグリア・葵が丘、以上10チームで今年も大会を行う予定です。

まずは予選を3チーム・3チーム・4チームと変則的ですが行い、それぞれのチームの1位の3チームと2位中で1番成績の良かった1チームを繰り上げて4チームで決勝トーナメントを行い優勝を決めて行きます。今回5回目の大会ですがロータリーさんの力あっての大会です。

日本サッカー協会が出しているサッカー人口推移では全てのカテゴリーでサッカー人口がどんどん減ってます。特に少年のカテゴリーでサッカー人口が減り続けてます。逆に女子・シニア、こちらのカテゴリーは人口が増えているようです。要因として1つは少子化の影響、もう1つは少年の登録人数はほぼ高学年、だいたい4年生以上という事です。サッカーはやっているが登録まで行き着かない低学年がサッカーではなく違うスポーツに移動してしまうといった現状があります。原因として指導者の数が少なくなっている事が言えます。そういった環境下で下級生の運営が中々出来ない現状があります。

ロータリーカップのような大会を誰かが開催して子供達に場を与えてあげないと歯止めがきかなくなってくるのではと思っており、私はこのロータリーカップはすごく子供達にとって大きな意味を持つと思っています。何故なら1~2年生は殆どお父さんやお母さん或いはおじいちゃんやおばあちゃんが多数応援に来てくれてます。そういった中で子供たちはサッカーというスポーツに感動を覚えるきっかけが子供たちの表情を見てとれます。本当にこういった機会は今少なくなってきているのでこの火は消さないようにしていければもっともっとサッカーに興味を持つ子、或いはスポーツをやり続ける子、そういったものにつながっていくのではないかと思います。

お時間があれば是非ダニーの方へ足を運んでいただいて子供たちの表情或いは親御さんの表情を見ていただいて何かを感じ取っていただければありがたいと思いますのでよろしくお願いします。

我々もサッカーが非常に良いスポーツだと思い、情熱を持って取り組んできました。サッカーだけでなく色んなスポーツを子供たちが経験する事によって大人になるにあたって良い刺激が得られるとおもいますし、スポーツ全般をダニーとして応援していきたいと思ってます。その人口がこういったロータリーカップであれば良いと思ってますし、我々も当日一生懸命運営させていただきますのでよろしくお願いいたします。

サッカーとフットサルの違いは簡単に言うとまずはコートのサイズが違います。サッカーは60X100メートル、フットサルは20X40メートルが標準のサイズです。使うボールもサッカーはよく跳ねるボール、フットサルはローバウンドボールと申しましてあまり跳ねないボールを使います。常に足元に近い所にボールがあるという事で子供たちがサッカーを覚えるためにはすごく良いボールで集中力が高まるメリットがあるのでフットサルではそういったボールを使ってます。人数はキーパーを入れて5対5で行います。細かいところではサッカーはボールが外に出た時はスローインと言って手で投げ入れますがフットサルはキックインと言って出たところのラインの上にボールを置いて蹴ってボールをスタートさせます。後はキーパーがゴールラインにボールが出た時サッカーの場合は蹴ってスタートしますが、フットサルは手で投げてスタートします。

ルールというのはプレイヤーズファースト、とにかくプレイヤーに沢山ボールを触らせるという事を目的にしている競技なので人数も少なくボールも足元にずっとあるのがフットサルの特徴になります。フットサルはオフサイドというものがなく、フリーな状態でプレーをし続けれるのも特徴です(試合が中断しない)。プレイヤーズファーストでプレイさせるには大事なルールになってきます。

プレー時間は年齢等によって変わります。サッカーは30分だったり45分だったり年齢によってそれくらい長い時間やるがフットサルはプロのリーグでも20分で行っているぐらいプレー時間は短いです。基本的にボールが外に出たら時間が止まるのでプロのリーグでは20分ハーフでも実質40分ぐらい試合をやる感覚です。今回の大会ではボールが外に出ても時間を止めないで流して試合を行い7分ハーフで試合を行います。フットサルは何度でも選手交代が出来、プレーを行っている最中に交代が出来ます。これもプレーを止めない、沢山プレーをさせるという事にのっとったルールになってます。フットサルの競技が良いのか、環境が良いのか、私の持論としてはフットサルの環境を使って子供達にサッカーを教えてあげるという場というのが非常に子供達に有効かと思います。

ちょっと間違えてしまうと一昔前もあったのですがフットサルの戦い方とかそういったものを教えて行く、そういった事に目を向けて行く場面を多々見てきましたがそれは少し違うと思います。何が良いのかという事は難しいですが、大きなコートで1~2年生がサッカーをやっても11人でやっていればボールに触れない子供が出てきてしまいます。でもフィットサルはすぐにボールが来る5人しかいなくコートも狭いのでどんどん刺激を与える事が出来、良いと思います。

寄付金贈呈

有限会社ダニー様への寄付金贈呈

記録

クラブ会報委員会 天畠 昭彦君