第3038回例会

第63年度 クラブ週報

  • 例会日 2019年10月11日(金)
  • 例会場 オークラアクトシティホテル浜松

プログラム

浜松ロータリークラブ合同例会

  • 司会進行 浜松東RC SAA 石垣哲男君
  • 開会点鐘 浜松東RC 福澤雄一会長
  • 合唱 奉仕の理想
  • 会長挨拶 浜松東RC 福澤雄一会長
      浜松RC  斉藤行雄会長
  • 幹事報告 浜松東RC 北村賢一郎幹事
      浜松RC  大場規之幹事
  • 講師紹介 浜松東RC 神谷竹彦君
  • 卓話 「浜松パワーフードで世界から浜松へ」
    じねんグループ代表 秋元健一様
  • お礼の言葉 浜松東RC 福澤雄一会長
  • 閉会点鐘 浜松RC 斉藤行雄会長

ゲスト

  • じねんグループ代表 秋元健一様(ドルフィンキッズプロダクション代表取締役)

ビジター

  • なし

会長挨拶

〇浜松東RC 福澤 雄一会長

浜松東RC 福澤 雄一会長

本日は15回を重ねてまいりました浜松RCと浜松東RCとの合同例会でございます。

今年は浜松東RCで例会ホストをさせていただき、浜松RC様より61名、浜松東RCより46名の出席をいただきありがとうございます。浜松RC様は、1936年の創立から、84年の時を重ねてこられ、そして浜松東RCは浜松RC様をスポンサークラブとして1957年5月24日に創立し63年の時を重ねました。2620地区内では、一昨年前まで第6分区と第7分区で分かれていましたが、昨年度より静岡第5グループとしてスタートしました。

本年度は浜松RCの鈴木健一ガバナー補佐が第5グループをけん引していただき第5グループ11ロータリークラブが、より身近につながりを深めています。ご指導よろしくお願いいたします。

さて昨年は、10月に台風24号が日本を縦断して、ここ静岡県でも大きな被害が発生致しました。特に昨年は県西部で70万 世帯の広範囲に、平成最悪といわれる大規模な停電が起こりました。明日には、台風19号が直撃の予想です。今年も台風により多くの被害が出ている中今回の台風19号は非常に大型であることも踏まえ、ぜひ情報を事前に確認され被害を最小限にする準備はして頂きたいと思います。

10月24日は世界ポリオデーです。ロータリーの最大の奉仕活動であり、ロータリーの最優先事項がポリオ撲滅です。野生株からの発症ゼロを目標としていて、残り3カ国となっています。世界にポリオウイルスが存在する限りポリオが根絶された国でも再び感染が発生する可能性があります。RIが30年以上前から取り組んできたポリオ根絶も本当にあと少しのところまで来ています。

静岡第5グループでは10月14日に11RC親睦ゴルフコンペが開催されます。第5グループ鈴木健一ガバナー補佐よりゴルフコンペのホストを務めている浜松東RCへポリオ撲滅募金を第5グループゴルフコンペにて行えないかとご依頼をいただき、当日募金活動をさせていただきます。ご参加の皆様にはぜひご協力いただき、会場の浜名湖カントリークラブにおいても来場される皆様にポリオ撲滅の活動が啓蒙できればと思います。

浜松RCと浜松東RCでは、両クラブでの親睦ゴルフ対抗戦である浜松ライダーカップが開催され当年度で4年目となります。浜松東RCは2勝1敗という結果ですが勝ち負けにこだわらず、また楽しく多くのメンバーの交流の1つとして続けて行ければと考えています。以上会長挨拶とさせていただきます。

〇浜松RC 斉藤 行雄会長

浜松RC 斉藤 行雄会長

浜松RCの斉藤でございます。今日は 恒例の「浜松東RCさんとの合同例会」にお招きいただき 有難うございます。福沢会長さん、北村幹事さんはじめ、ご準備頂きました浜松東RC会員の皆様に 感謝申し上げます。浜松からは61名のメンバーが 出席させていただいております。

浜松東RCさんとは、今年で63年の長い間 お付き合いいただいております。2620地区第5グループには 11クラブありますが、その中でも最も親しく、身近に感じているクラブです。私個人としても 日ごろからお世話になっている先輩の皆様や、尊敬する友人も たくさんいます。

また、昨年は、東クラブの神谷竹彦さんが ガバナー補佐をお務めになましたが、今年は浜松クラブから 鈴木健一会員が、ガバナー補佐を務めさせていただいております。色々な意味で「ご縁」を感じています。浜松RCも11月9日には「花のリレープロジェクト」の奉仕活動に 参加して参ります。どうぞよろしくお願いします。

ロータリー活動は、今たいへん厳しい時代を迎えています。会員の減少は、すべてのクラブが共有する課題です。お互いに この地域で長い歴史を持つクラブとして、色々な情報を共有し、知恵を出し合って、この地域にロータリーの新しいビジョンを育てていきましょう。これからも 変わらぬご指導をお願いします。

明日は大きな台風が来るようです。皆様お気をつけて、週末をお過ごしください。

今日は限られた時間ですが、浜松東クラブと、浜松クラブの 有意義な交流の場になりますよう、お願い致しまして、挨拶といたします。ありがとうございました。

幹事報告

〇浜松東RC 北村 賢一郎幹事

浜松東RC 北村 賢一郎幹事

  • 10月18日の次回例会、会場は3階チェルシーとなっております。
    ガバナー公式訪問・ガバナー補佐訪問となっております。
    例会前11時より3階桜にて会長・会長エレクト・幹事・副幹事と懇談会が開催されます。よろしくお願いします。
  • 10月25日の例会も3回チェルシーとなっております。
    同日は、18時30分より歴代会長会が31階山里で開催されます。
  • 11月第一例会は、地区大会の移動例会です。全員登録全員出席でお願いします。
  • 本日は、例会終了後理事会となっおりますのでよろしくお願いします。
    会場は、3階桜になります。

〇浜松RC 大場 規之幹事

浜松RC 大場 規之幹事

  • 今週末、明日あさっての日程で予定しておりました、姫路・神戸方面への親睦家族旅行ですが、台風19号の影響で中止とさせて頂きました。
    これまでご準備いただいた親睦活動委員会委員長の杉浦さん、井内さんなど、委員会の皆様、ご対応本当にありがとうございました。
    また、この旅行を楽しみにしておられた、会員及びご家族の皆様には申し訳ありませんでした。

出席報告

  • 会員数 60名
  • 出席会員数 40名
  • 出席率 72.73%
  • 前々回の更生出席率 98.15%

欠席者

野嶋君 鈴木(清)君 渡邊(修)君
星野君 榛葉君 鈴木(竜)君
鈴木(哲)君 鈴木(裕)君 名倉君
清水(剛)君 土居君 藤田君
長尾君 天畠君 鈴木(隆)君

出席補填

前々回(9/27)補填
(RLIミーティング 10/7) 神谷君
(浜 松 9/24) 鈴木(明)君
(浜松南 10/3) 渡邊(修)君
(浜松南 10/10)鈴木(竜)君

前回(10/4)補填
(浜松南 9/26) 市川(浩)君
(浜松南 10/10) 清水(剛)君 鈴木(利)君

今回(10/11)補填
(浜 松 10/8) 野嶋君 土居君 天畠君 鈴木(隆)君
(浜松南 10/10)榛葉君

卓話

「浜松パワーフードで世界から浜松へ」

じねんグループ代表 秋元 健一様

神谷竹彦君より講師紹介
今日の卓話者の秋元さんをご紹介いたします。私は地域の活性化などでキーワードにしている言葉があります。それは「若者・よそ者・ばか者」という言葉で、それに典型的に当てはまるのが秋元様だと思う。バイタリティー溢れ新たな視点に立つことのできる若者、新しい視点、義理人情に捉われないないよそ者の視点、一生懸命なりふり構わずに突っ込んでいくばか者の視点ではないかと思う。
今日はパワーフードという新しいキーワードを皆さんに広めたいということだと思いますので、よろしくお願いいたします。

じねんグループ代表 秋元健一様(ドルフィンキッズプロダクション代表取締役)
このように皆さんにお話しできるチャンスをいただき、大変うれしく思っています。

2013年5月6日の静岡新聞の記事をずっと持ち続けている。これは、ディズニーランドが浜松に来たというパレードで、何と43万人が浜松駅前に大集結したものです。この「ネズミ」を見るためだけにこれだけの人が集まる純粋な浜松が大好き。

皆に嫌われる「ネズミ」をウォルトディズニーは人気者にした。これは自分にとっては「何だってできるな」と感じさせる出来事でした。

2018年にはJALの国際線ファーストクラスの料理を監修して浜松産の料理を供したところ、大好評を博し、その後天王皇后両陛下(現・上皇上皇后陛下)静岡行幸啓にて浜松産食材を使用した料理を担当し、両陛下にお召し上がりいただきました。

浜松には本当に多くの食材が存在し賞賛を受けていますが、400年以上も昔にこの浜松産食材に助けられた人物がいました。それが徳川家康なのです。29歳から45歳まで浜松におり、その間浜松の多くの恵みに助けられ、安全にタンパク源を摂取でき、家臣共々力をつけたのです。そして私たちはこれを「浜松パワーフード」と名付けようとなったわけです。

今でもこの地域では多くの世界的な企業が存在していますが、これも浜松の風土、フードが大きくかかわっていると考えています。

浜松は男女とも健康寿命3期連続日本一。これも浜松の食によるものだと考えています。

浜松パワーフード学会も立ち上げ、JALさんやgoogleさんなどのご協力も得る中で、世界中に浜松の食を発信し、世界から浜松に人を呼びたい。「世界が認めだした浜松」これは観光のチャンスなのです。是非ここにお集りの皆さんからも多くの意見をいただき、一層浜松を盛り上げていきたいと思います。本日はありがとうございました。

記録

クラブ会報委員会 清水 和宏君