第3035回例会

第63年度 クラブ週報

  • 例会日 2019年9月20日
  • 例会場 オークラアクトシティホテル浜松

プログラム

  • 司会進行 SAA 太田宏君
  • 開会点鐘 福澤雄一会長
  • ゲスト・ビジター紹介 福澤雄一会長
  • 合唱 それでこそロータリー
  • 会長挨拶 福澤雄一会長
  • 幹事報告 北村賢一郎幹事
  • 今週のお祝い 親睦活動 鈴木哲也君
  • 委員会報告
  • 出席報告 鈴木隆君
  • ニコニコ報告 SAA 名倉雅彦君
  • 清明寮様への寄付金贈呈
  • 卓話 「児童養護施設の子供達の生活と今後の課題について」
    社会福祉法人葵会 児童養護施設清明寮 施設長 野末鈴菜様
  • 閉会点鐘 福澤雄一会長

ゲスト

  • 社会福祉法人 葵会 児童養護施設清明寮 施設長 野末鈴菜様

会長挨拶

福澤雄一会長

第3035回会長挨拶をさせていただきます。

先週は、観月会ということで、第63年度初めの夜間例会でした。

フィンランドからの交換留学生サトゥさん、第1ホストファミリーの伊藤里奈子さんにも参加いただき中秋の名月の夜に津軽三味線 加藤流三絃道「訓音会」の皆様の演奏を聞きながら、楽しい時間を過ごすことができ、皆さまの一層の親睦が深まったように思います。親睦委員会の皆様、お手伝いいただいた皆様ありがとうございました。

本日は、清明寮野末施設長様にお越しいただき卓話をお願いしております。9月5日に山本四大奉仕委員長、松山社会奉仕委員長、北村幹事、私とでご挨拶と本年度の事業予定を打ち合せさせていただきました。その折も清明寮についていろいろお話しいただき、浜松東ロータリークラブへのご理解もいただきました。引き続きぜひ支援していかなくてはと感じております。

今年度も職場体験、本の寄贈、その他進めてまいりますのでご協力お願いいたします。

本年度は皆様もご存知の通り安間みち子さんが浜松ハーモニーロータリークラブより選出され2620地区ガバナーを務められています。又10月18日には浜松東ロータリークラブへのガバナー公式訪問が予定されています。11月3日、4日と地区大会が開催されます。本年度は昨年の神谷竹彦前ガバナー補佐の年度より2620地区は、分区からグループへクラブの区分けが変更となり浜松東ロータリークラブは第6分区より第5グループへ、県西部浜松市のクラブが第5グループ11クラブでの区分けとなりました。今年度の第5グループ鈴木健一ガバナー補佐のもと、第5グループでは11クラブで地区大会について全員登録とし、安間みち子ガバナーおよびホストクラブの浜松ハーモニーロータリークラブを応援しようということになりました。ガバナー公式訪問に際しても協力のお願いがあろうかと思いますが皆様にもぜひ浜松から選出されたガバナーでありますのでご理解とご協力の上、当クラブの例会とさせていただきました11月4日地区大会には全員登録、全員参加をよろしくお願い致します。

幹事挨拶

北村賢一郎幹事

  • 9月の9日付の書面にて、皆様の事務所等に非推薦会員通知を送付させていただいております。クラブ細則11条5節に基づき、異議の有無をお尋ねしていましたが、本日に至るまで申し立て等がございませんでしたので、ご承認されたことをご報告させていただきます。
    ご承認されました、新会員につきましては、氏名戸塚治夫君48歳です。
    11月の第二例会を目指して入会準備していきます。
  • 先週は観月会に数多くの会員の皆様が出席をいただきまして、ありがとうございました。この勢いで親睦旅行もよろしくお願いします。
  • 10月に入りますと、第二例会が浜松クラブとの合同例会、第三例会がガバナー公式訪問・ガバナー補佐訪問となります。また11月第一例会は移動例会の地区大会となります。通常の例会もですが、出席率を高めていきたいと思います。ぜひ全員出席を目指したいので、ご協力お願いします。

今週のお祝い

  • 会員誕生日 鈴木裕司君
  • 入会記念日 堀部莞爾君・鳥井德孝君
  • ご夫人誕生日 なし
  • 結婚記念日 松本和人君

委員会報告

  • 社会奉仕委員会 松山太郎委員長
    本日レターボックスの中に入れてございますが、合同奉仕事業としてFormamaFesta2019に参加する事になりました。地区の方針で複数クラブ合同奉仕事業を推奨してまして地区全体で23事業ぐらいが出ております。浜松東ロータリークラブは今年度パワー浜松ロータリークラブと合同で子育てママのイベント「FormamaFesta2019」に参加する事になりました。日時は10月27日(日)、時間はイベント開始が10時からで12時までには終わる予定です(イベント自体は16時頃までやっているようです)。会場はアクトシティ展示イベントホールです。目的と行動はそこに書いてある事を読んでいただければと思います。複数クラブ合同奉仕事業が初めてでどのようなものになるかやってみないとわからない所があります。チラシは各テーブルに1枚しかございませんが内容の確認をお願いします。
    皆さま是非多数の参加をお願いします。
  • ゴルフサークル 太田 宏君
    9月15日ゴルフ例会成績発表
    優勝 伊藤俊治君 グロス86 ハンディキャップ20 ネット66
    準優勝 榛葉秀聡君  3位 神谷竹彦君
    次回は10月14日(月)体育の日です。浜松東ロータリークラブで17名の参加を予定しております。皆さま参加の方よろしくお願いします。

出席報告

  • 会員数 60名
  • 出席会員数 51名
  • 出席率 87.93%
  • 前々回の更生出席率 98.15%
  • 浜松東ロータリークラブのホームページを開いていただきますと例会出席予定帳がございます。そちらにこの先5回ほど例会に参加できるかどうか入れる場所がございますので先々の予定を入れていただくご協力をお願い出来ればと思います。

欠席者

野嶋君 森上君 土居君 藤田君
市川(浩)君 清水(剛)君 鈴木(竜)君

出席補填

(浜 松 9/17) 市川(浩)君 土居君
(パワー浜松 9/17) 飯尾君

ニコニコ報告

  • 伊藤俊治君
    9月ゴルフ例会、優勝しました。まだまだ若い者には敗けません!パートナーが良かったので優勝出来ました。
  • 鈴木隆志君
    会場を間違えて心細くなりました。例会が有って良かったです。
  • 長尾英明君
    出席委員なのに場所を間違えました。本日家庭集会です。Bグループの皆様、宜しくお願い致します。
  • 鈴木 清君
    今日は少なそうでしたので!
  • 馬場康男君
    SAAのニコニコ担当をもう少しやさしい方におねがいします。
  • 堀部莞爾君
    イタリアにスケッチ旅行にいって来ました。無事帰国しました。本日オープンアートの案内を入れました。
  • 長野哲久君
    今日からいよいよラグビーワールドカップが始まります。今夜は遠鉄のソラモで来週はエコパへ行ってジャパンの応援をしてきます。みんなでジャパンを応援しましょう。
  • 中村伸宏君
    遅刻しました。
  • 石垣哲男君
    暑さ寒さも彼岸まで、ニコニコ担当のやさしいロータリアンです。
  • 6番テーブル・8番テーブル 全員出席です。

清明寮様への寄付金贈呈

福澤会長より清明寮様へ

清明寮 施設長 野末鈴菜様

卓話

「児童養護施設の子供達の生活と今後の課題について」
社会福祉法人葵会 児童養護施設清明寮 施設長 野末鈴菜様

松山太郎君よりゲスト紹介
野末様の略歴をご紹介させていただきます。清明寮の方に今現在21年間勤務されておられます。養育担当(現場の保育士)15年間、里親支援担当と副施設長として6年間、今年4月から施設長に就任されておられます。本日は「児童養護施設の子供達の生活と今後の課題について」という題でお話いただきます。

  • 児童養護施設という施設は広く知られているような施設ではございません。正確なこういう施設だという情報がないばかりに入所している子供が誤解を受けるような場面もありまして、入所している時もまた卒業して社会に出てからも私は施設で育ったという事を言いにくいという事を多々聞いております。
  • 私はこの4月から施設長も務めておりますが、沢山のこうした方々に児童施設の事を知っていただき、施設で育った子供達が社会に出ても気兼ねなく生活出来る様になればと思っており、本日このような機会を頂き大変ありがたく思っております。
  • 本日は清明寮の子供達についてという事で施設の概要を少し説明させていただいた後で清明寮の1年(4月から翌年3月まで)を通しての清明寮の行事・生活の様子等を見ていただきたいと思っております。そして最後に清明寮養護施設の抱える今後の課題等もお伝え出来ればと思っております。
  • まず児童養護施設はどのような施設かと申しますと児童福祉法第41条に決められております施設で、保護者の無い児童、虐待をされている児童、その他環境上養護を要する児童を入所させて養護し、即ち育てて行く施設で、あわせて退所した者に対する相談やその他自立のための援助を行う事を目的とする施設という規定がございます。
  • 要保護児童、施設に入所するような児童は全て児童相談所から措置されて入所する、すべて行政の措置という制度を使って子供達は入所してます。施設は全国に615か所有り、26,499人の子供たちが生活してます。
  • 清明寮は昭和27年4月1日に定員110名で開設しましたが今現在は半分の55名の入所者が9月1日現在います。社会福祉法人葵会が経営しており、養育理念は「子供1人1人の今日の幸せ・明日の幸せのために」です。入所する前の厳しい環境から施設に入って今幸せであると感じて欲しい。そして明日の幸せとは社会に出てからの幸せのために今出来る事は何だろうというような事で養育理念として掲げております。
  • 清明寮に入る時に1番から3番までの入所理由を探して入所させてますが、1番の理由がやはり虐待で48%、他の理由(ネグレスト、養育の困難さ)が平行していた場合の虐待経験者は74.5%と大体10人に7~8人は何かしらの辛い体験をして施設へ入って来た事になっております。
  • 2番は父母の精神的障害等で精神疾患をお持ちの保護者の方、3番が昔から変わらず経済的理由・子供の貧困問題等です。経済的理由は10年前からほとんど変わらず12%となっておりますが、10年前と比較して父母の精神障害等の理由で入所する子供がかなり増えてきており、子供達の背景が重くなってきている経過がうかがえます。
  • これだけ見るとどれだけ可哀想な子供達かというふうに思えてしまうかも知れませんが今から清明寮の1年という事で子供達が入所してから明るく健気に頑張っている所を色んなイベント等の写真を見ていただきながら実際の所を少し見ていただきたいと思います。
  • 清明寮1年間のスライド
    清明寮の建物の概要・4月:入学式、5月:こいのぼり、7月:水遊び、8月:キャンプ、納涼の夕べ、秋は富士サファリパーク等日帰りの遠足に行ったり、東京ディズニーランドへの弾丸旅行、11月:七五三、12月:クリスマス会、年越しと年明け、1月:球技大会、2月:雪遊び体験、3月:卒業・卒園式
  • 今後の課題は国が今後は清明寮のような大規模な施設は徐々に無くしていき、小規模なグループホームを沢山建てるような転換を図ろうと政策を決定しました。そして里親さんに子供達を預けて家庭で子供達を育てる事をメインとして社会的養護をやろうとしてます。
  • しかしながら中々そのような事は進みにくく、清明寮のような施設を解体してしまっては私達のような職員が活動の場をなくしてしまい、また子供達も少なくなって中々見る機会もなくなってしまいます。
  • そのため今後どのようにこういう育ちに課題がある子供達を受け入れていくような体制を作る事が出来るかという事を課題として取り上げております。色んな形は変われど私たちは子供達の最善の利益のために、施設という形が変わりましても何とかして支えていけるような形作りを今頑張って今そのあたりをつめているような所です。
  • 皆様には児童養護施設の子供たちの社会に出てからという事でまたご支援いただきたいと思っております。今日も暖かいギフトをいただきましてありがとうございます。また暖かいお気持ちを子供達にも伝えて行きたいと思いますのでまた今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

記録

クラブ会報委員会 天畠昭彦君