第3034回例会

第63年度 クラブ週報

  • 例会日 2019年9月13日(金)
  • 例会場 ホテルクラウンパレス浜松

プログラム

  • 司会進行 SAA 石垣哲男君
  • 開会点鐘 福澤雄一会長
  • ゲスト・ビジター紹介 福澤雄一会長
  • 会長挨拶 福澤雄一会長
  • 幹事報告 北村賢一幹事
  • 観月会(夜間例会)

ゲスト

  • 交換留学生
    サトゥ・ヘイトカンガスさん
  • 第一ホストファミリー 伊藤里奈子様

ビジター

  • なし

会長挨拶

福澤雄一会長

第3034会例会の挨拶をさせていただきます。
本日は観月会ということで、第63期の初めての夜間例会となります。
本日は交換留学生のサトゥさん、ホストファミリーの伊藤里奈子さんも参加されています。

観月会は、お月見の会で旧暦の8月15日に月を鑑賞する行事とのことです。
この日の月は「中秋の名月」、「十五夜」、「芋名月」と呼ばれます。月見の日には、おだんごやお餅、ススキ、サトイモなどをお供えして月を眺めます。

お月見の行事のルーツはよくわかっていませんが、最近の研究によると、中国各地では月見の日にサトイモを食べることから、もともとはサトイモの収穫祭であったという説が有力となっています。その後、中国で宮廷行事としても行われるようになり、それが日本に入ったのは奈良~平安時代頃のようです。日本では農作物の豊作を祈願感謝し、月の神様をお迎えする依代(よりしろ)としで、邪気を払い1年の無病息災を願ってススキをお供えするようになったともいわれているそうです。

また、日本各地に旧暦8月18日だけでなく旧暦9月13日にも月見をする風習があり、こちらは「十三夜」、「後の月」、「栗名月」とも呼ばれています。十三夜には、月見団子の他に栗や枝豆をお供えします。各地には「十五夜をしたなら、必ず十三夜もしなければいけない」という言葉が伝えられており、片方だけの月見を嫌う風習があったようです。そうしますと、来月も観月会第2弾を開催したほうが良いのかもしれませんが第2弾は会員の皆様で個人的に開催していただきたいと思います。

因みに、2019年の中秋の名月は9月13日、満月は9月14日です。
本日、津軽三味線 加藤流三絃道「訓音会」の皆様の演奏と、和会席、お酒を味わいながら親睦を深めていただければと思います。
津軽三味線 加藤流三絃道「訓音会」には浜松南RC本年度幹事の松永敏行君も在籍し本日演奏していただきます。

幹事挨拶

北村 賢一郎 幹事

  • 本日は、夜間例会でございます。引き続き観月会となっております。
    親睦委員会の皆様が打合せや下見を重ねて今日をを迎えております。
    親睦の皆様、ありがとうございます。交換学生のサトゥさんも出席されております。アルコール厳禁ですので、ご注意ください。また担当の各委員会の皆様もよろしくお願いいたします。
  • また、今日の観月会の出し物に、南クラブの松永幹事が出演します。
    同じロータリアンですので、登場の際は、盛大にお迎えいただきたいと思います。

出席報告

  • 会員数 61名
  • 出席会員数 51名
  • 出席率 87.93%
  • 前々回の更生出席率 94.74%

欠席者

鈴木(清)君 上原君 市川(浩)君
兼子君 鈴木(裕)君 松本君

出席補填

(浜 松 9/10) 野嶋君 佐脇君 市川(浩)君
鈴木(裕)君 藤田君
(浜松南 9/12) 佐脇君 長尾君

観月会

  • 開宴の辞 親睦活動委員会 鈴木哲也君

    鈴木哲也君

  • 会長挨拶 福澤雄一会長

    福澤雄一会長

  • 乾杯の発声 伊東政好君

    伊東政好君

  • 本日の日本酒の紹介 渡邊 修君

    渡邊 修君

    本日の日本酒

  • 留学生サトゥさん歓迎のイベント
    青少年奉仕委員長 森上 好君

    サトゥ・ヘイトカンガスさん 森上 好君

  • 津軽三味線 加藤流三絃道総師範「訓音会」会主の加藤君音(さとね)様ご一行による演奏

    「訓音会」会主 加藤君音様ご一行による演奏

 

記録

クラブ会報委員会 高林裕孝君